ノーザ(4269)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日(1月19日)IPO新規上場承認発表があった2社のうちのもう1社です。

IPO新規上場承認発表2社2022.1.19

すでにもう1社のCaSy(9215)のIPO詳細については下記記事にてご紹介させて頂いておりますので、よろしければご覧下さいませ。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(4266)上場中止

IPO愛好家の方はすでにご存知かと思いますし、個人的には想定内過ぎて書く必要も無いかと思いましたが、一応備忘録という意味も含めてビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(4266)の上場中止が昨日(1月19日)発表されたことを記載させて頂いておきます。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(4266)IPO上場中止2022.1.19

ノーザ(4269)の上場日は2022年2月22日(火)で、CaSy(9215)と2社同日上場、上場市場はIPO市場では可もなく不可もなくのJASDAQスタンダード市場への上場で、IPO主幹事はIPO申し込み時の前受け金が不要の野村證券となっております。今年(2022年)第一号の野村證券主幹事案件となります。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

ノーザ(4269)のIPO(新規上場)情報

設立:2018年1月23日(実質上:1979年4月28日)
業種:情報・通信業
事業の内容:歯科用レセプトコンピュータおよび透析業務支援システムの開発・販売等

ノーザ(4269)IPO上場承認

上場市場JASDAQスタンダード
コード4269
名称ノーザ
公募株数45,000株
売出し株数765,000株
オーバーアロットメント121,500株
IPO主幹事証券野村證券
IPO引受幹事証券大和証券
SBI証券
楽天証券100%完全抽選
マネックス証券100%完全抽選
東海東京証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
岩井コスモ証券
LINE証券委託幹事
CONNECT(コネクト)委託幹事
岡三オンライン証券委託幹事
IPO発表日1月19日(水)
上場日2月22日(火)
仮条件決定日2月2日(水)
ブック・ビルディング期間2月3日(木)~2月9日(水)
公開価格決定日2月10日(木)
IPO申し込み期間2月14日(月)~2月17日(木)
時価総額45.0億円
吸収金額18.8億円
想定価格2,020円(202,000円必要)

以下の通り東証の新規上場会社概要書には今年(2022年)4月4日の市場再編でこのノーザ(4269)はスタンダード市場に上場となる予定となっております。

ノーザ(4269)IPOスタンダード市場

そしてこのノーザ(4269)のIPO主幹事が野村證券となっていることから、グループ会社となるLINE証券IPO委託幹事(裏幹事)入りがほぼ確定となりそうです。ちなみにただ今LINE証券現金4,000円がもらえる当ブログ限定タイアップキャンペーンを開催しています。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ LINE証券公式サイト
linesec_468
当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

さらにこのノーザ(4269)のIPO幹事団(シンジケート)の中には大和証券岡三証券が入っているため、それぞれグループ会社となるCONNECTコネクト)と岡三オンライン証券IPO委託幹事(裏幹事)入りとなる可能性が高いです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
CONNECT468_60

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 岡三オンライン証券公式サイト
岡三オンライン証券
当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

このノーザ(4269)のIPO幹事団(シンジケート)は元々10社あるので、最終的に上記IPO委託幹事(裏幹事)が加われば13社となります。最近はもう1銘柄でIPO幹事団(シンジケート)10社超えが当たり前となっていますね。

ノーザ(4269)のIPO(新規上場)事業内容等

ノーザ(4269)はグループ会社で、株式会社ノーザ及び連結子会社1社(株式会社ノーザ販売)の計2社で構成されており、セグメントについては「医療情報システム事業」及び「その他」に区分しております。

ノーザ(4269)IPO事業系統図

主力製品である歯科用レセプトコンピュータ及び透析業務支援システムの開発・販売・保守サービスを行う「医療情報システム事業」が売上収益の90%を超えていることから「医療情報システム事業」を単一のセグメントとして区分しており「その他」は医療機器販売事業となります。

ノーザ(4269)IPO事業別売上高割合

医療情報システム事業

<デンタルシステム事業>
歯科用レセプトコンピュータの開発・販売を目的として歯科用レセプトコンピュータのソフトウエアメーカーとして、歯科医療に特化したシステムの開発・販売・保守を手掛けてきました。デンタルシステム事業は中核事業として位置付けられており、主力製品である電子カルテ搭載システム「WiseStaff」シリーズは、電子レセプト作成やオンライン請求などの歯科用レセプトコンピュータ機能に加え、電子カルテ機能を搭載することにより、歯科医院における更なる利便性向上の実現に寄与しています。
ノーザ(4269)IPOレセプトコンピュータ

<メディカルシステム事業>
歯科医院以外の医療施設を販売先とするメディカルシステム事業を行っており、透析業務支援システム「STEP」シリーズは病院やクリニックなどの透析施設を販売先としています。透析指示や透析準備から始まり、透析中のモニタリングや処理実施・データ入力、透析後の記録参照に至るまでの一連の管理システムで、国内で現在販売されている主要な透析装置メーカー透析装置シリーズのほぼ全てと接続実績があります。電子カルテ・医事システム・検査システム等の医療情報システムと積極的に接続を図ることで、人・医療機器・医療機関をつなぐ「医療ICT時代」をリードする先進的なソリューションシステムの実現に寄与しています。
ノーザ(4269)IPOメディカルシステム事業主力製品

その他事業

<医療機器販売事業>
2019年5月に医科・歯科・美容といった様々な医療機関を販売先とする医療機器販売事業に参入しており、子会社となる株式会社ノーザ販売が取扱う「Magellan」はPRP抽出を自動で行うことができる機器として歯科・メディカルエステを対象に販売を進めています。
ノーザ(4269)IPO医療機器販売事業事業系統図


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

【手取金の使途】
手取概算額79,628千円については、主力製品のシステム開発のための設備資金及び広告宣伝費、教育研修費等の運転資金として充当する予定であります。デンタルシステム事業の主力製品である「WiseStaff-9Plus」の次世代機の開発費用の一部として70,000千円(2022年11月期に70,000千円)を充当する予定であり、残額につきましては2022年11月末までに広告宣伝費、教育研修費等の運転資金に充当する方針であります。
なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
(ノーザのIPO目論見書より一部抜粋)

ノーザ(4269)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

ノーザ(4269)の市場からの吸収金額はIPO想定価格2,020円としてオーバーアロットメント含め18.8億円と規模的にJASDAQスタンダード市場への上場としては中型で、やや荷もたれ感を感じるサイズとなります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて8,100枚と多くもなく少なくもなくといった感じですが、当選確度としては低いでしょうね。

上述の通りノーザ(4269)の事業内容は歯科用レセプトコンピュータおよび透析業務支援システムの開発・販売等ということで、コンピュータ系のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援事業ではあるものの純粋なIT企業のような評価は得にくく華やかさも無いことから、人気化するのは厳しそうです。

歯科用レセプト(診療報酬明細書)はすでに多くの歯科医院でも導入されており、このノーザ(4269)は歯科用レセプトコンピュータやカルテコンピュータなどのシステムメーカーで全国の導入実績は全国の歯科医院6.8万件中1万件以上あり、およそ40年以上の経験を持つことから業界のリーディングカンパニーとなります。

とはいえやはり設立1979年となると今さら上場感は否めません。当然ながら上場市場は東証二部市場でもなく東証マザーズ市場でもなくJASDAQスタンダード市場となりますね。

ノーザ(4269)IPOデジタルソリューション

ノーザ(4269)の公開規模はIPO想定価格(2,020円)ベースで18.8億円とJASDAQスタンダード市場への上場としてはやや荷もたれ感のあるサイズとなり、今回のIPO新規上場)に際する募集株の内訳は公募株45,000株に対して売り出し株765,000株で売り出し比率はおよそ17倍です。

その売り出し株放出元のおよそ85.0%はサンライズ系の投資ファンドとなることから、投資ファンドの出口(イグジット)案件となります。ただし売り出し放出後は83万株ほど残りますが、既存の大株主とともに解除価格無しで90日間のロックアップが掛かっています。

投資家から毛嫌いされやすい投資ファンドの出口(イグジット)案件となりますが、公開規模はそれほど大きくなく、一応は解除価格無しのロックアップが掛かっているため、上場時に余計な売り圧力とならない点はまだ救いかもしれません。とはいえこの規模と内容から初値評価はC級評価が無難といったところでしょうか。

足元の環境次第ではあるものの、通常であれば乗り越えれる内容です。とりあえず個人的には今の環境を見ながらIPO参加スタンスを決めようかと思っていますので、ひとまずこのノーザ(4269)の個人的なIPO参加スタンスは中立とさせて頂きます。

ノーザ(4269)のIPO(新規上場)業績等

ノーザ(4269)のIPO経営指標
ノーザ(4269)IPO経営指標

ノーザ(4269)のIPO売上高及び税引前四半期利益
ノーザ(4269)IPO売上高及び税引前四半期利益

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加