THECOO(4255)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日(11月17日)IPO新規上場承認発表があった5社のうちの3社目となります。THECOOと書いて「ザクー」と読むようです。

IPO新規上場承認発表5社2021.11.17

すでに5社中の2社となるラバブルマーケティンググループ(9254)とサインド(4256)については下記記事にてご紹介させて頂いておりますが、残り2社のリニューアブル・ジャパン(9522)ZEALS(9255)についてはまた後ほど別記事にてご紹介させて頂きます。

THECOO(4255)の上場日は12月22日(水)で、Finatextホールディングス(4419)とサインド(4256)とリニューアブル・ジャパン(9522)と4社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はみずほ証券大和証券の2社共同主幹事となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

そしてすでにこのTHECOO(4255)のIPO主幹事が大和証券となっていることから、グループ会社となるCONNECT(コネクト)IPO委託幹事(裏幹事)入りも決定しています。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
CONNECT468_60

ちなみにこのCONNECT(コネクト)は某スマホ証券と違い、大和証券が主幹事となった際の割り当て株数は比較的多めにあるため、少しは期待値が上がります。

THECOO(4255)のIPO(新規上場)情報

設立:2014年1月20日
業種:情報・通信業
事業の内容:ファンコミュニティプラットフォーム運営事業、インフルエンサーマーケティング事業及びオンライン広告事業

THECOO(4255)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード4255
名称THECOO
公募株数200,000株
売出し株数300,700株
オーバーアロットメント75,100株
IPO主幹事証券みずほ証券
大和証券
IPO引受幹事証券野村證券前受け金不要
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券100%完全抽選
楽天証券100%完全抽選
松井証券前受け金不要
東洋証券
極東証券
あかつき証券
CONNECT(コネクト)委託幹事
SBIネオトレード証券委託幹事
IPO発表日11月17日(水)
上場日12月22日(水)
仮条件決定日12月3日(金)
ブック・ビルディング期間12月6日(月)~12月10日(金)
公開価格決定日12月13日(月)
IPO申し込み期間12月14日(火)~12月17日(金)
時価総額145.1億円
吸収金額41.3億円
想定価格7,180円(718,000円必要)

売出株式300,700株のうちの一部は欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)の海外投資家にも販売される予定となっており、国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日12月13日(月)に決定されます。

そして冒頭でも記載しております通り、このTHECOO(4255)のIPO主幹事は大和証券となっていることから、グループ会社となるCONNECTコネクト)のIPO委託幹事(裏幹事)入りがすでに決定しています。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
THECOO(4255)IPOCONNECT(コネクト)

THECOO(4255)のIPO(新規上場)事業内容等

THECOO(4255)は一般ユーザー向けのファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」の提供を行う「Fanicon事業」及びクライアント企業向けにインフルエンサーを用いたマーケティング施策支援やオンライン広告コンサルティングを行う「法人セールス事業」を展開しております。

THECOO(4255)IPO創業に至る思い

Fanicon事業

当事業はファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」の提供及び運営管理を行っており、「Fanicon」はアーティスト、インフルエンサー、タレント等(ファンコミュニティのオーナーであり、ファンの熱量の対象となるもので、以下「アイコン」という)とそのファンが集い、アイコンとしての「価値」を提供したいアイコン側のニーズと、アイコンと「つながりたい」というファン側のニーズをマッチングさせるプラットフォームであります。
THECOO(4255)IPO Fanicon事業

法人セールス事業

①インフルエンサーセールス事業
当事業はクライアント企業に対し、インフルエンサーを用いたマーケティング施策の実施支援を行っており、インフルエンサーを用いたマーケティング施策とは、クライアント企業の製品やサービスをインフルエンサーが制作する動画等を通じてプロモーションする手法となります。

②オンライン広告事業
創業以来、クライアント企業に対してオンラインマーケティングに関する支援を提供しており、オンラインマーケティングとは、形式を問わず、ウェブ上で行われる広告活動やマーケティングを指し、自社のブランド、製品・サービス等に関するメッセージを潜在的な顧客に広めることを目的としております。
THECOO(4255)IPO法人セールス事業


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

【手取金の使途】
手取概算額1,309,120千円については第三者割当増資の手取概算額上限496,080千円とあわせた手取概算額合計上限1,805,200千円を、①Fanicon事業における広告宣伝費及び販売促進費、②人材採用費及び増加人件費、③本社オフィス移転にかかる費用、④Fanicon事業の海外展開にかかる費用、⑤借入金返済に充当する予定であります。
また、上記調達資金は、実際の充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
(THECOOのIPO目論見書より一部抜粋)

THECOO(4255)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

THECOO(4255)の市場からの吸収金額はIPO想定価格7,180円としてオーバーアロットメント含め41.3億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては中型で、やや荷もたれ感を感じるサイズとなります。IPO株数は値ガサな分、公募株及び売り出し株合わせて5,007枚と比較的少ない上に、海外投資家への販売もあります。

上述の通りTHECOO(4255)の事業内容はファンコミュニティプラットフォーム運営事業、インフルエンサーマーケティング事業及びオンライン広告事業ということで、会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon」やインフルエンサープランニング及び分析ツール「iCON Suite」、ゲーム実況者に特化したインフルエンサー事務所「Studio Coup」などを運営しています。

まさに今どきで旬な業態ではありますが、売り上げは右肩上がりになっているものの、収益はずっと赤字です。収益モデルはストック型のサブスクリプション(月額課金)モデルとなっているため、このまま行けばいずれは黒字化するのかもしれませんが、今どきで旬ではあるもののインフルエンサーは気まぐれな方が多いイメージ(UUUMを見ていて)で、ファン層も目移りしやすい方が多そうです。これは完全に勝手な個人の偏見です。

黒字化には現状維持はもちろんそれ以上のパワーが必要と考えると、目移りしやすい業界という目線で見ると黒字化する様子が思い浮かびません。特に売り上げと収益が逆行している点が気になりますね。ベンチャーキャピタル(投資ファンド)からの出資も受けていますし、そもそも東証の審査を通っているので、ちゃんとした収益構造は作られているのだとは思いますが。

THECOO(4255)IPOFanicon

しかしながらIPO愛好家としては社名や事業内容や業績より何より単価7,180円が一番に目が行ってしまいました。久しぶりの超値ガサです。それによって公開規模も41.3億円まで大きくなっています。これはリターンも大きいですが、リスクも大きいですね。今のIPO市場の環境のままであれば厳しそうな雰囲気を感じます。

THECOO(4255)の株主の中にはベンチャーキャピタルの保有株は7社642,229株ありますが、今回のIPO新規上場)に際する売り出しで207,500株放出しますが、434,729株が残ることになります。90日間のロックアップが掛かっており、公開価格の1.5倍となれば解除されるものの、みずほ証券お得意の初値形成後でないと売却できないタイプのロックアップとなるため、上場時の余計な売り圧力にはなりません。

いずれにしてもこれはもう定型文化していますが、上場日は12月22日(水)4社同日上場、前日(12月21日)及び前々日(12月20日)もともに3社同日上場とIPOラッシュど真ん中の過密スケジュール。もちろん今後も重なるか近い日程でどんどんやってきます。

事業内容は今どきで旬ではあるものの、どこかしら一過性の時節感的な要素を強く感じます。海外販売はありますが、募集株自体が少ないため、海外配分がわかったところで人気度合いはわかりにくいかもしれません。加えて今のこのIPO地合いの悪さと過密スケジュールを考慮するとひとまずの初値評価はD級評価が妥当なラインでしょうか。

とりあえず現時点での管理人の個人的なこのTHECOO(4255)のIPO参加スタンスは中立で、IPO市場の今後の環境はもちろんのこと、大手初値予想会社の見解などを見てから決めたいと思います。とにかく単価7,180円はかなりリスキーなので、申し込む際は結構な覚悟が要りそうです^^;

THECOO(4255)のIPO(新規上場)業績等

THECOO(4255)のIPO経営指標
THECOO(4255)IPO経営指標

THECOO(4255)のIPO売上高及び経常損失
THECOO(4255)IPO売上高及び経常損失

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加