ツクルバ(2978)のIPO新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価格ベ
ース(2,050円)ですが大手初値予想会社より発表されたようです。

ツクルバ(2978)の上場日は7月31日(水)で単独上場、上場市場はIPO
市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事もIPO愛好
家には人気が高く当選報告も多い大和証券となっております。
ツクルバのIPO申し込み期間は7月16日(火)~7月22日(月)です。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

ツクルバ(2978)のIPO(新規上場)初値予想とIPO幹事配分数

ツクルバ(2978)のIPO(新規上場)初値予想
ツクルバ(2978)IPO初値予想

ツクルバ(2978)のIPO想定価格は2,050円となっているため、現時点
では公募価格の1.2倍~1.5倍程度の初値形成になるのではないかと、
や弱め
の初値予想となっており、個人的な評価についてもやや弱めC級
評価
に設定させて頂いております。

このツクルバ(2978)のIPO仮条件は、本日7月12日(金)に決定する
予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについて
はいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

ツクルバ(2978)の事業内容はITを活用したリノベーション及び中古
住宅流通プラットフォームの運営ということでIPO市場では人気化しや
すい不動産テック関連のIPOとなります。

このツクルバ(2978)の詳細な事業内容をお知りになりたい方はお手
数ですが、下記の過去記事をご覧下さい。
ツクルバ(2978)IPO新規上場承認(過去記事)

ツクルバ(2978)の公開規模はIPO想定価格ベース(2,050円)で45.1
億円
と東証マザーズ市場への上場としてはやや大型で荷もたれ感を感じ
るサイズとなります。海外への販売などはありません。

ベンチャーキャピタルの保有株があるものの、上位株主と合わせ90日
間のロックアップが掛かっています。公募価格の1.5倍以上となれば解
除され売却可能となるため1.5倍以上の水準になれば警戒が必要です。
この水準に合わせているのか初値予想も最上限が1.5倍となっています。

業績も赤字から黒字に急激に回復しており、上場日程的にもツクルバ
(2978)の単独上場、そのあとのステムリム(4599)までは一週間以
上のIPO空白期間に加え、超IPO閑散期となるため注目度は自然と高く
なりそうです。もし8月のIPOがウワサ通り一社であればさらに注目度
は上がることになりそうです。

そして推定となりますがこのツクルバ(2978)のIPO株(公募株及び
売り出し株)19,150枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割
り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
大和証券主幹事18,193枚95.0%
みずほ証券383枚2.0%
いちよし証券191枚1.0%
SBI証券191枚1.0%
マネックス証券96枚0.5%
楽天証券96枚0.5%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が2,872枚あります。

もちろんこのツクルバ(2978)のIPO株を狙いに行くなら圧倒的IPO株
数のあるIPO主幹事の大和証券は外せませんが、次に配分数が多いのは
IPO株100%完全抽選マネックス証券楽天証券になります。
見た目の数量に惑わされないようにご注意下さい。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

そして管理人の個人的なこのツクルバ(2978)のIPO参加スタンスは
現時点では全力申し込みで行く予定です。

IPO株数もOA含め19,150枚と比較的多くあるため、まだ当選は狙える
範囲かと妄想しております。正直最近のIPOはこのツクルバ(2978)
ブシロード(7803)のような大型IPOでないと当選する気がしない
ですね。もちろん大型IPOでも人気化すれば当選は困難になりますが。

しつこいようですが、このツクルバ(2978)のIPO主幹事の大和証券
には昨年(2018年)末のソフトバンク(9434)とポート(7047)の
損失およそ200,000円ほどをまだ返して頂いてないので、そろそろま
とめて返して頂けるとありがたいです。

もちろんそれまでにたくさんの利益を頂いているので文句を言える立
場ではないということは重々承知の上ですが^^;

<追記>
ツクルバ(2978)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:2,050円
IPO仮条件:1,900円~2,050円

IPO想定価格が最上限となる一般的なIPO仮条件設定となりました。

<追記>
ツクルバ(2978)の第二弾初値予想が発表されたようです。

2,000円~2,300円

IPO仮条件が一般的な設定となったことからか、IPO初値予想第二弾
IPO初値予想第一弾よりも上限下限ともに大幅に下ブレした初値予想と
なっているようです。
管理人の評価もC級評価からD級評価に格下げとさせて頂きます。

キャンペーンなど旬なオススメ情報

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.6.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.8.31