今年(2019年)2月下旬より始まったSMBC日興証券IPOステージ制ダイレクトコース限定IPO優遇特典)の恩恵を少しでも受けれたらと4月末にSBI証券に預けていた資金を三井住友銀行に出金しました。

正直、管理人はこのSMBC日興証券IPOステージ制度についてはお金持ち優遇制度だと思っていたので否定的でした。SMBC日興証券のIPOステージ制度の詳細については下記の過去記事をご覧下さい。
SMBC日興証券がダイレクトコース限定でIPO優遇特典導入

しかしながらこれだけIPOに当選しないとなると少ない可能性ながらもできる限りのことは面倒くさがらずにやっておこう思い直しました。

SMBC日興証券IPOステージ制度(IPO優遇特典)とは通常抽選の結果IPOに当選しなかったダイレクトコースの方を対象に預り資産残高及び信用取引建玉金額に応じて設定された4つのステージにてIPO当選確率が最大25倍になるステージ別抽選が行われ、ステージ別抽選の配分枠は通常抽選とは別で最大5%のIPO配分枠を設けるという制度です。

IPO優遇特典ステージ別抽選の概要(SMBC日興証券公式サイトより)
SMBC日興証券IPOステージ判定及び抽選票数

上記画像の通り最大25倍の恩恵を受けようと思えば5,000万円以上の預り資産残高もしくは信用取引建玉残高が必要となるため、普通で考えるとかなりハードルが高い制度です。完全にお金持ち優遇制度ですね。

新規口座開設以外は直近3ヵ月の月末平均預り資産残高もしくは信用取引建玉残高ということになるため、1億5,000万円以上の資金があれば3ヵ月に1回の資金移動でプラチナステージを維持することができます。

もちろん管理人は億り人でもなんでもないのでこんな大金は持ち合わせていません。頑張ってもせいぜいシルバーランクです。

さらにもしこのゴールドランクを維持しようと思えば毎月資金移動をしなくてはならないため毎月末はこの作業をしなくてはならないことを覚えておかなくてはなりませんのでかなり面倒です^^;

ただ預り資産残高には三井住友銀行バンク&トレード契約のある方は、三井住友銀行口座の残高も預り資産残高として合算しステージ判定してくれるため有利です。管理人は三井住友銀行をメインバンクとしているため、このバンク&トレードでステージ判定をしてもらいます。こうすることでSMBC日興証券に入金するというひと手間が省けます。

バンク&トレード

参考までにいきなり三井住友銀行に数千万円の資金を移動させると三井住友銀行からご丁寧に「ウン千万円の出金がございましたがご存知でしょうか」となんともわざとらしい電話が掛かってきます。

自分名義の証券口座から自分名義の銀行に出金したのですから知らないわけないのですが。おそらくこのまま話を続けると何かしらの商品に勧誘されるのではないかと思っています。
もちろん憶測ですが。

しかし今後毎月この作業をする予定なので毎月こんな電話が掛かってきたら面倒ということもあり、もう二度と出金確認の電話は必要ないとお願いしましたところ了承頂きました。了承するということは確認電話をしないといけないというルールでは無さそうなのでやはり勧誘に絡めようとした営業電話だったのかと推測しています。
まあどうでもいいですが、今月末は電話が無いことを願います。

ちなみに月末というのは世間一般の月末ではなく、証券会社の月末営業日となるため、例えば6月であれば30日(日)ではなく28日(金)になるという点にはご注意下さい。

とりあえず2019年4月末の預り資産残高手続きは完了しているので2019年5月からIPOステージ制度(IPO優遇特典)の恩恵を受けることができるはずです。

ステージは月初第3営業日の夜間に更新し、翌日から設定となっているため、今月(5月)は9日(木)の夜間に更新され10日(金)から設定されるということになります。

ただ残念ながら5月はSMBC日興証券IPO主幹事案件が無いのでこのIPOステージ制度(IPO優遇特典)の恩恵を受けることができるのは6月以降となりそうです。各段にIPOの当選確率が上がるとは思っていませんが、少しでも恩恵を受けることができると嬉しいです。

当選落選は別として3月に上場したSMBC日興証券主幹事Welby(4438)でやっておけば良かったと少々後悔しています^^;

新規口座開設の方は3カ月間このIPOステージ制度(IPO優遇特典)の恩恵を受けることができますよ。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング