ソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価
格ベース(1,500円)ですが大手初値予想会社より発表されたようです。

ソフトバンク(9434)の上場日は12月19日(水)Kudan(4425)2
社同日上場
、IPO主幹事は野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ
証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券SBI証券6社共同主幹事
なっており、IPO平幹事も8社、IPO裏幹事(委託幹事)も2社とほぼオー
ルジャパンでの証券会社体制となっています。

ソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)初値予想
ソフトバンク(9434)IPO初値予想

<ソフトバンク(9434)IPO(新規上場)関連の過去記事>
ソフトバンク(9434)IPO新規上場承認
ソフトバンク(9434)IPO(新規上場)に当選するためには
ソフトバンク上場にIPO株取得は本当に全力突撃で良いのか

ソフトバンク(9434)のIPO想定価格は1,500円となっているため、現時
点では公募価格と同値程度の初値形成になるのではないかと、注目度が高
い割には弱めの初値予想となっており、個人的な評価も低めのD級評価
設定させて頂いております。

このソフトバンク(9434)のIPO仮条件はいよいよ明日(11月30日)決定
する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについ
てはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

個人的にソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)初値予想については
上記過去記事ソフトバンク上場にIPO株取得は本当に全力突撃で良いのか
で書きました通り、正直あまり良い印象はありません。

これは管理人の気持ちとしては今現在も変わっておりません。
だからと言ってソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)に参加するか
どうかはまだ決めかねています。

すべては明日(11月30日)決まるIPO仮条件次第と考えています。
某媒体ではこのソフトバンク(9434)のIPO仮条件は1,500円~1,700円
上ブレ設定されるとのウワサもあるようですが、どうなのでしょうか。

個人的にはそれは無いと思っていますが、某情報ではすでにIPO株完売の
目途も立っているとの説もあるので、上ブレもあるのかもしれませんね。

しかしながらIPO仮条件が決定してから本気でソフトバンク(9434)の
IPO参加スタンスを決めようとは思うものの、決まり方次第では余計に悩
ましい状況になる可能性もありそうです。

仮にIPO仮条件がウワサ通り強気の1,500円~1,700円となった場合はかな
り割高な設定となりますが、逆にロードショー(機関投資家とのヒアリン
グ)での人気が高かったということに取ることもできます。

IPO仮条件が一般的な1,300円~1,500円設定となればそこそこ割安感を感
じることができるものの、上ブレのウワサが出てしまった以上、これはこ
れで人気がなかったのかと受け取ることもできてしまいます。

結局はどちらにしてもポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかは個人
的な問題で、結局のところ最終的なソフトバンク(9434)のIPO参加スタ
ンスは当たり前のことですが自分で決めなくてはなりません。

テレビではソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)についてのCMを見
ない日はありません。別のIPO申し込みのために証券会社のサイトに行っ
てもどこもかしこもソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)についての
広告が大きく掲載されています。

某証券会社からは自宅にソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)につい
て記載された印刷物の入った封書なども届きます。
一部のほぼ凍結している店頭証券会社からは弱小でほとんど取引の無い管
理人の元に電話も掛かってきます。
過去の超大型IPOのときはここまでの総攻撃は無かったと思います。

ただここまでの大型IPOになると今度ばかりは過去の経験則が当てはまら
ないかもしれません。と言うよりこのソフトバンク(9434)には当てはめ
ない方が良いと思います。

NTT(9432)上場のときとは時代が違います。
日本郵政グループ3社上場のときとは売り出し元が違います。
その他過去の大型IPO上場のときとは規模が違い過ぎます。

いずれにしても管理人はこのソフトバンク(9434)と過去のIPOとは比較
すべきでないと考えています。

大きく利益を出したい方は全力申し込みとなるでしょうし、少しの損失も
出したくない方はオールスルーすることもできます。もちろん間を取って
一部のみ参加というスタンスを選択することもできます。

IPO(新規上場)はいわゆる株の人気投票です。
人気があれば初値は上がりますし、人気が無ければ公募割れします。
特に上場時の株価は需給で決まることが多いです。

結局はまだ個人的にもどうするかの結論は出ていませんが、管理人の性格
上、IPOでリスクは取りたくないので大きな利益を求めず、大きな損失も
出さずということで一部のみからのIPO申し込みとなりそうです。

やはりIPO投資はローリスクハイリターンが基本原則ですからね^^
大きく利益を出したいという欲が悩みの種になっているのかと思います。

ちなみに現時点で確定しているソフトバンク(9434)のIPO幹事団(シ
ンジケート)と推定IPO株配分比率は以下の通りとなっています。

<IPO主幹事証券会社>
野村證券(25%)
大和証券(20%)
SMBC日興証券(16%)
・みずほ証券(16%)
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券(12%)
SBI証券(7%)

<IPO引受幹事証券会社>
・岡三証券(1%)
東海東京証券(1%)
岩井コスモ証券(0.5%)
・水戸証券(0.5%)
・西日本シティTT証券(0.05%)
松井証券(0.05%)
マネックス証券(0.05%)
・あかつき証券(0.02%)

<IPO裏幹事(委託幹事)証券会社>
カブドットコム証券(配分比率不明)
岡三オンライン証券(配分比率不明)

中途半端でまとまらない記事となり申し訳ございません。
本当に今回のこのソフトバンク(9434)のIPO申し込みは悩んでいます。
欲深いのでしょうね^^;

<追記>
ソフトバンク(9434)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,500円
IPO仮条件:1,500円

ソフトバンク(9434)の仮条件はまさかの一本値となりました。
この仮条件に幅を持たせない一本値は日本初の出来事だそうです。
いよいよ本格的にIPO参加スタンスを検討していきます。

<追記>
ソフトバンク(9434)のIPO仮条件決定後の初値予想が発表された
ようです。

1,450円~1,500円

IPO仮条件は異例の一本値となりましたが、IPO初値予想第二弾はIPO
想定価格時点とほぼ同値との初値予想となっているようです。
ただし公募割れの可能性もあるとの見解のようです。
個人的評価も変わらずD級評価のままで変更なしとさせて頂きます。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
matsuicp2018.11.30

SMBC日興証券公式サイト

SBI証券公式サイト
sbicp2018.9.28.1

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.12.31