ポート(7047)のIPO(新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価格ベー
ス(1,450円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようです。

今週は一気に10社のIPO仮条件が決まり、IPO申し込みも12社スタート
となるため資金移動なども含めて忙しい一週間となりそうです。
ちなみにソフトバンク(9434)のIPO申し込みはまだ悩み中です^^;

ポート(7047)の上場日は12月21日(金)で先日から申し上げておりま
す通り12月唯一の魔の4社同日上場日です。
IPO主幹事はIPO愛好家には人気の高い大和証券となっております。

<12月21日(金)IPO(新規上場)予定の4社>
自律制御システム研究所(6232) 公開規模:100.4億円
テノ.ホールディングス(7037) 公開規模:7.6億円
EduLab(4427) 公開規模:46.3億円
ポート(7047) 公開規模:53.2億円

ポート(7047)のIPO(新規上場)初値予想
ポート(7047)IPO初値予想
ポート(7047)IPO新規上場承認(過去記事)

ポート(7047)のIPO想定価格は1,450円となっているため、現時点で
は公募価格の1.0倍~1.3倍程度の初値形成になるのではないかと弱めの
初値予想となっており、個人的な評価も低めのD級評価に設定させて頂
いております。

このポート(7047)のIPO仮条件は明日(12月4日)決定する予定とな
っており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも
通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

ポート(7047)の事業内容はインターネットメディア事業とかなりザッ
クリとしてわかりにくいですが、就活、転職サイト「キャリアパーク!
やカードローン比較サイト「マネット」の運営事業となります。

このポート(7047)のようなポータルサイトや比較サイトはすでに多く
の企業が上場しており、特にこれといった特徴も無く新規性はありません。

ネット関連銘柄とはなるものの公開規模はIPO想定価格ベース(1,450円
53.2億円と東証マザーズ市場への上場としては大きく荷もたれ感を感じ
るサイズとなります。

株主はほぼベンチャーキャピタルが占めており、90日間のロックアップ
が掛かっているものの公募価格の1.5倍以上になれば解除され売却可能と
なってしまいます。初値価格1.5倍以上でベンチャー爆弾投下となる可能
性は十分あります。そこまで初値が騰がればの話ですが。

さらにこれまでの記事や冒頭でも申し上げている通り、ポート(7047)
の上場日は12月21日(金)で12月唯一の魔の4社同日上場です。資金分散
の影響や12月IPOラッシュ後半戦の買い疲れもそれなりに出てくること
が想定されます。

そして残念ながら印象的にこのポート(7047)はこの4社の中でも一番
IPO的には初値が高騰しにくい雰囲気を感じます。

当初の管理人の個人的なこのポート(7047)のIPO参加スタンスは全力
申し込みで考えていましたが、一旦再考とさせて頂き中立とさせて頂き
ます。銘柄的にもそうですが、プラスしてこの時期になるとネット関連
銘柄のIPOの初値は堅調にスタートという公式が成立しないかもしれま
せんのでもう少し慎重に判断したいと思います。

ちなみにこのポート(7047)のIPO引き受け幹事団は以下の通りとなっ
ております。

<IPO主幹事証券会社>
大和証券

<IPO引受幹事証券>
SBI証券
野村證券
SMBC日興証券
・みずほ証券
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券
・岡三証券
・いちよし証券
岩井コスモ証券
・エース証券
丸三証券
・エイチ・エス証券
岡三オンライン証券(委託幹事)
カブドットコム証券(委託幹事)

<追記>
ポート(7047)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,450円
IPO仮条件:1,420円~1,480円

IPO想定価格が中間値となるやや強気なIPO仮条件設定となりました。

<追記>
ポート(7047)のIPO仮条件決定後の初値予想が発表されたようです。

1,400円~1,700円

IPO仮条件は強気な設定となりましたが、IPO初値予想第二弾はIPO
想定価格時点より下ブレとなる初値予想となっているようです。
個人的評価は変わらずD級評価のままで変更なしとさせて頂きます。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップCP2019.5.31

SMBC日興証券公式サイト

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.12.31