日総工産(6569)がIPO新規上場承認発表されました。
IPO新規上場承認発表は昨日(2月9日)でしたが記事が間に合いません
でした。ちなみに昨日は2社IPO新規上場承認発表がありました。

もう一社の神戸天然物化学(6568)と上場日が一日だけでもズレていて
良かったです。しかし両社ともすでに3月中旬上場予定となっているので
この調子で行けば3月IPOラッシュは月末に集中しそうですね^^;

3月20日(火)26日(月)大安なので、日本人という観点で考え
ると特にこの2日に集中する可能性が高そうです。

日総工産(6569)の上場日は3月16日(金)で今のところは単独上場
上場市場は東証ですが一部になるか二部になるかは未定(公募価格決定
後に決定する予定)でIPO主幹事みずほ証券となっております。
※時価総額250億円以上となる見込みの場合は東証一部に決定。
ちなみに上場予定日である3月16日(金)大安です^^

日総工産(6569)のIPO情報

設立:1980年8月21日
業種:サービス業
事業の内容:製造派遣・製造請負、一般事務派遣・BPO、施設介護・
在宅介護

日総工産(6569)IPO新規上場承認

上場市場東証(所属未定)
コード6569
名称日総工産
公募株数1,150,000株
売出株数1,580,000株
OA409,500株
主幹事証券みずほ証券
引受幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券
SBI証券
カブドットコム証券(委託幹事)
岡三オンライン証券(委託幹事)
上場日3/16
仮条件決定日2/26
BB期間2/28~3/6
公募価格決定日3/7
申込期間3/8~3/13
想定発行価格3,570円(357,000円必要)

日総工産(6569)のIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

日総工産(6569)の市場からの吸収金額はIPO想定価格3,570円として
OA含め112.0億円と東証一部になるか東証二部になるかわかりませんが
東証二部なら規模的に大型サイズとなり荷もたれ感を感じます。

冒頭でも記載しましたが、時価総額が250億円以上となれば東証一部
上場になるため、ギリギリで東証一部への上場が濃厚そうです。

日総工産(6569)の発行済み株式数は公募分を含め7,780,000株あり、
IPO想定価格である3,570円なら277億円となるため東証一部上場という
ことになります。

日総工産(6569)の主な事業内容は製造系人材サービスの派遣業とい
うことでよくある派遣業ですが、およそ50年の歴史を持つパイオニア
的な存在の老舗企業となります。

ありきたりな派遣業ですがちょうど労働者派遣法の改正に伴って今後
は益々成長が見込まれそうです。いわゆる国策的な時流に乗った企業
という位置付けと考えることもできそうです。

IPOという面で見ればこの日総工産(6569)の規模で爆上げというこ
とにはなりにくいと思いますが、堅調な発進となりそうな雰囲気です。
あくまでも東証一部で決まればということが前提となり、やはり地味
な業種漢字社名という点はどうしても気になりますが。
この先入観を早く捨てなければいけません^^;

とりあえず管理人のこの日総工産(6569)のIPO参加スタンスは昨日の
神戸天然物化学(6568)同様でまずは大手初値予想会社の第一弾初値
予想を見てから決めたいと思います。
野村證券と違いIPO主幹事の営業力なども少し気になるところです。

ただ大型案件なのでとりあえずD級評価が妥当なところでしょうかね。
もちろん地合いにもよりますがD級評価でも東証一部決定であれば個人
的には申し込む可能性は高いです。

<追記>
カブドットコム証券IPO裏幹事(委託幹事)になることを正式に公式
サイトで発表がありました。

<追記>
岡三オンライン証券IPO裏幹事(委託幹事)になることを正式に公式
サイトで発表がありました。

日総工産(6569)のIPO業績等

日総工産(6569)のIPO経営指標
日総工産(6569)IPO経営指標
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

日総工産(6569)のIPO売上高及び経常損益
日総工産(6569)IPO売上高及び経常損益
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiseccp2018.3.30

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2018.3.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.3.31