タイトル通りですが、最近よく頂くIPO関連のご質問で一番多いのは
ズバリ「IPOに当選しないのですが、何か秘策でもあるのでしょうか」
といった感じのご質問です。

私も含めてですが、IPO投資家の皆さんもここ最近のIPOプチバブル
による参加者の増加でIPOが当選しにくくなっているのを肌で感じて
いらっしゃると思います。

特に新規で始められた方の中には、こんなに当選しないものなのか
と首をかしげている方も多いのではないでしょうか。

ただ、上記ご質問に対してただ一つ言えることは
IPO投資は完全抽選の場合(裁量でない限り)秘策はありません。
これだけは断言できます。

裁量は色々裏技がありますが1回限りとか資金が必要とかなので、私
には不可能です^^;

IPO投資に秘策なし

唯一、秘策と呼べるとすれば証券口座を増やし、主幹事を含めた全て
のIPO引き受け幹事から諦めずに根気強く申し込み続けることぐらい
ではないでしょうか。

宝くじよりは当選確率も高いですし、宝くじのようにお金を支払って
購入するのではなく、無料で申し込めるので、その分リスクは低いと
思われます。

そしてよく平幹事から申し込んでも意味がないなどと聞くこともあり
ますが、決してそんなことはありません。

当然主幹事が一番IPO引き受け株数も多いので、当選確率が高いのは
当たり前ですが、平幹事でも抽選に回っている数は少なからずともある
ので当選することも意外と多くあります。

ちなみに私は過去の経験上、平幹事での当選は何度もあります。
これまで公開したことはないはず(?)ですが、主幹事での当選回数
と平幹事での当選回数を下記に記載しておきますので、平幹事でも
どれだけのチカラがあるのかをご覧下さい。

主幹事での当選回数:72件
平幹事での当選回数:70件

上記をご覧のように主幹事と平幹事での当選回数はほぼ同数です。
平幹事だからといっておろそかにしてはいけないということが、おわ
かり頂けたでしょうか。
もちろんこの平幹事での当選の中には利益80万円超えもあります。

そして、IPO投資に必要な証券会社は最低でも下記に記載させて
頂いたところは口座保有しておかれた方がいいと思いますので是非
参考にされてみて下さい。
IPO投資の猛者たちはおそらくもっとあるでしょうね。

※下記リンクはすべて各証券会社の公式サイトへ飛びます。

SMBC日興証券
大和証券
野村證券
SBI証券
マネックス証券
東海東京証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
SMBCフレンド証券
カブドットコム証券
GMOクリック証券
岡三オンライン証券
安藤証券
楽天証券
むさし証券
松井証券
東洋証券
丸三証券
立花証券

上記証券会社はすべて店頭まで出向く必要がなくインターネットだけで
証券口座を開設することができますので、非常に便利です。

この中でも個人的に当選数の多い、いわゆるランキング的な証券会社は
IPOオススメ証券会社ランキング
をご覧下さい。