2017年IPO前半戦1月に上場したシャノン(3976)で幕を開けて、
アセンテック(3565)でとりあえず一旦幕を閉じました。
2017年前半戦IPO企業1社上場中止があったため32社となりました。
(リートやインフラファンドへの上場は含んでおりません)
その2017年前半戦32社のIPOをとりあえず振り返ってみましょう。

2017年IPO前半戦

IPO銘柄IPO公募価格IPO初値価格IPO売却損益
シャノン1,500円6,310円481,000円
安江工務店1,250円1,300円5,000円
日宣1,600円3,000円140,000円
フュージョン1,140円2,872円173,200円
レノバ750円1,125円37,500円
ユナイテッド&コレクティブ1,620円4,500円288,000円
ロコンド1,850円2,625円77,500円
ピーバンドットコム1,650円3,530円188,000円
ファイズ1,250円4,010円276,000円
ほぼ日2,350円5,360円301,000円
うるる3,000円3,330円33,000円
ジャパンエレベーターサービスHD550円890円34,000円
ビーグリー1,880円1,881円100円
インターネットインフィニティー1,320円5,040円372,000円
力の源ホールディングス600円2,230円163,000円
フルテック600円1,230円63,000円
マクロミル1,950円1,867円-8,300円
グリーンズ1,400円1,521円12,100円
オロ2,070円4,750円268,000円
ソレイジア・ファーマ185円234円4,900円
ティーケーピー6,060円10,560円450,000円
No.11,570円3,460円189,000円
ズーム1,520円2,278円75,800円
オークネット1,100円1,300円20,000円
ユーザーローカル2,940円12,500円956,000円
スシローグローバルホールディングス3,600円3,430円-17,000円
ネットマーケティング1,140円1,552円41,200円
テモナ2,550円8,050円550,000円
ウェーブロックホールディングス750円721円-2,900円
LIXILビバ2,050円1,947円-10,300円
旅工房1,370円3,750円238,000円
アセンテック2,000円5,950円395,000円

勝率は32戦28勝4敗と例年と比べるとかなりの好成績となっています。
特に3月以降はIPO的には敬遠されやすいやや大型とされる銘柄などにも
積極的に買いが入り、まさにIPOバブル化となりました。

個人的には申し込みをスルーして後悔した銘柄もいくつかありますが、
まさかこのようなバブル状態になるとは思ってもみませんでしたので、
こればかりは仕方ありませんね^^;

そしていつものタラレバとなりますが、この2017年前半戦IPOにすべて
当選して、そのすべてを初値にて売却した際の利益は5,793,800円となり
2017年IPO前半戦は好成績となっています。

いまだに次のIPOの発表はされていませんが、某情報によると次のIPO
新規上場承認発表5月中旬とのことらしいです。
となると6月中旬まではIPO空白期間が続きますね。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.5.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.6.30

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.6.30

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31