<2020年1月3日加筆修正>

すでに何年もIPO投資を経験されている方ならもうご存知の方も多いと思いますが、IPOに当選したあとキャンセル(購入辞退)するとペナルティが課せられる証券会社があります。

そもそもIPOをキャンセル(購入辞退)される方は少ないかと思いますが、購入忘れもキャンセル扱いとなりますのでご注意下さい。

そして管理人の知る限りこういったIPOキャンセルペナルティ制度を取っている証券会社は3社あり、その3社はSMBC日興証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券岡三証券です。

SMBC日興証券のIPOキャンセルペナルティ

SMBC日興証券IPOキャンセルペナルティについては公式サイトでも以下の通り明確に記載されています。

SMBC日興証券のIPOキャンセルペナルティ
SMBC日興証券IPOキャンセルペナルティ

上記をご覧の通り、SMBC日興証券IPOキャンセルペナルティはおよそ一カ月間IPOに申し込みできなくなります。IPO閑散期であればそれほど問題ではありませんが、IPO繁忙期でこれをやってしまうとかなり痛いですね。

管理人はこれまで一度もこのSMBC日興証券のペナルティに引っ掛かったことはありません。と言うのも怪しいIPO銘柄はSMBC日興証券からのIPO申し込みはしないようにしていますので。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPOキャンセルペナルティ

そしてこの三菱UFJモルガン・スタンレー証券IPOキャンセルペナルティについては公式サイトでも以下の通り記載されています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPOキャンセルペナルティ
三菱UFJモルガン・スタンレー証券IPOキャンセルペナルティ

この三菱UFJモルガン・スタンレー証券IPOキャンセルペナルティ一定期間制限され、すべての申し込み中のIPOは取り消されます。書き方が一定期間と抽象的で明確な期間については触れられていませんが、知人から聞いた話では一カ月程度だそうです。

そして以下画像は今年(2019年)3月に上場した日本国土開発(1887)のIPO当選をキャンセルしてペナルティを課せられた画像です。読者様よりご提供頂きました。ありがとうございます。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券IPOサービス停止
三菱UFJモルガン・スタンレー証券IPOキャンセル
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

ただし、繰上当選や追加当選にはペナルティが課せられません。ですので次点からの繰上当選は大丈夫ということです。
次点となった時点でもう諦めている方も多く確認作業をしていないという話をよく耳にします。かくゆう管理人もそうですが^^;

この三菱UFJモルガン・スタンレー証券も管理人はこれまで一度もペナルティに引っ掛かったことはありません。SMBC日興証券と同じで怪しいIPO銘柄のIPO申し込みはしないようにしています。

岡三証券のIPOキャンセルペナルティ

岡三証券IPOキャンセルペナルティについては残念ながら公式サイトの中では見つかりませんでしたので画像はありません。
ちなみにここで言う岡三証券岡三オンライン証券とは違います。

この岡三証券は以前から感じていましたが、ネットにあまりチカラを入れてない様子で管理画面は二画面現れて一画面消えたり、管理人の使っているパスワード管理ソフトも唯一使えない証券会社であったりなどと、岡三証券のサイトは以前からなんだかよくわかりません^^;

岡三証券管理画面ログイン時

上記画像はブラウザに「Internet Explorer」を使ったときの画像ですが「Google Chrome」を使っても二画面現れます。

と話がズレてしまいましたが、この岡三証券IPOキャンセルペナルティがあるということだけは確かです。内容も一カ月間IPOに申し込めなくなるペナルティだったはずです。経験が無く曖昧な答えですいません。実のところこれは読者様情報なのです^^;

読者様より岡三証券IPOキャンセルペナルティに関するコメントを頂きました。当記事の下部にあるコメント欄を見て下さいますとおわかり頂けますが、一カ月どころか今後一切IPOの申し込みができなくなるとの情報でした。恐ろしいですね^^;

岡三証券グループのネット証券会社

と、上記3社はIPOキャンセルペナルティがある証券会社なのでIPOに申し込む際は十分にご注意下さい。

公募割れの可能性が高そうではあるがとりあえず申し込んでみようという軽い気持ちで申し込んだにも関わらず当選してしまいキャンセルすると思わぬペナルティになってしまいます。

たまに安易に申し込みされる方をお見掛けしますが、微妙なIPO銘柄についてはよく考えてから申し込んだ方が良いと思います。

<補足>SBI証券のIPOキャンセルペナルティはない

補足となりますが、SBI証券IPOキャンセルペナルティはありません。裏ペナルティなどのウワサもありますが間違いなくありません。これは管理人の経験上から言えることです。

と言うのも2018年12月にソフトバンク(9434)のIPOに4,000株以上当選しましたが、こんなにたくさんいらないと申し訳ありませんが、すべてキャンセルさせて頂きました。ちなみにSBI証券は全株申し込みか全株辞退しかできなくて一部だけの申し込みができません。

ソフトバンク(9434)のIPO株複数当選
ソフトバンク(9434)IPO複数当選

その後すぐにリンク(4428)のIPO株にIPOチャレンジポイントでなく、完全抽選枠で当選しました。両社ともに2018年12月の出来事です。

リンク(4428)のIPO株通常当選
リンク(4428)IPO通常当選

このことからSBI証券IPOキャンセルペナルティがないと考えて良いかと思います。裏ペナルティなども無いでしょう。

SBI証券タイアッププログラム

そもそも裏ペナルティが存在するのかどうか、はたまたブラックリストなるものが存在するのかどうかはウワサであって憶測の域を出ません。実在するのかどうかは不明です。

裏ペナルティに関する記事やブラックリストに関する記事はまた機会があれば書きたいと思っています。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング