アールプランナー(2983)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きたいと思います。昨日(3月18日)はまたもやIPO新規上場承認発表が2社ありました。もう1社のさくらさくプラス(7097)についてはまた後ほど別記事にてご紹介させて頂きたいと思います。

そしてその一方で同時に昨日(3月18日)はIPO(新規上場)中止発表が3社ありました。3月30日上場予定のバリオセキュア(4494)、4月8日上場予定のアルマード(4932)、4月9日上場予定のロコガイド(4497)、いずれも新型コロナウイルスの世界的な感染拡大及び原油価格の急落等を受けた最近の株式市場の動向等諸般の情勢を総合的に勘案した上での上場中止(延期)となっています。

東証は上場は中止(延期)するが、新しくIPO新規上場承認は受け入れるというカオス。景気悪化後のIPO新規上場)申請の減少を防ぐ狙いなのかどうかはわかりませんが、現実はこれだけ上場中止(延期)が相次いで出ていることをもう少し受け入れて加味してほしいところです。

いずれにしてもこれで3月は合計6社IPO新規上場)が中止(延期)となり、2004年以降では2018年と同率1位となりました。もちろん2018年は年間通してとなるため、すでにIPO(新規上場)中止銘柄候補が潜んでいる状況から考えると、今年(2020年)が過去最多となるのはもう時間の問題かもしれませんね。

アールプランナー(2983)の上場日は4月22日(水)で、今のところは単独上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はもちろんこの悪地合いの中でも堂々とIPO主幹事を引き受ける剛腕野村證券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

アールプランナー(2983)のIPO(新規上場)情報

設立:2003年10月3日
業種:不動産業
事業の内容: 注文住宅の請負事業等の注文住宅事業、分譲住宅販売等の不動産事業

アールプランナー(2983)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード2983
名称アールプランナー
公募株数270,000株
売出し株数130,000株
オーバーアロットメント60,000株
IPO主幹事証券野村證券
IPO引受幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
上場日4月22日
仮条件決定日4月2日
ブック・ビルディング期間4月6日~4月10日
公開価格決定日4月13日
IPO申し込み期間4月14日~4月17日
吸収金額7.7億円
想定価格1,680円(168,000円必要)

そして上記をご覧の通りこのアールプランナー(2983)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が入っていることから、auカブコム証券のIPO幹事入りも期待できそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト
auカブコム証券

アールプランナー(2983)のIPO(新規上場)事業内容等

アールプランナー(2983)はグループ会社で株式会社アールプランナー及び連結子会社1社(株式会社アールプランナー不動産)により構成されており、「注文住宅事業」と「不動産事業」を展開しております。

注文住宅事業」では主に注文住宅の請負事業、リフォーム・エクステリアの請負事業を行っており、「不動産事業」では主に分譲住宅の販売事業、 不動産の仕入・販売事業及び不動産仲介事業、 中古不動産の取得・再生・販売事業等を行っております。

アールプランナー(2983)IPO売上高構成

注文住宅事業」及び「不動産事業」で取り扱っている、新築住宅のブランドは、以下の通り、顧客の要望に合わせた住宅の提供を行っております。

アールプランナー(2983)IPO注文住宅事業及び不動産事業

アールプランナーグループの特徴と強みはアールプランナーグループの属する住宅・不動産業界では、住宅又は不動産のいずれかに特化した会社が多数存在しておりますが、アールプランナーグループは、デザイン力、不動産情報力、集客力を強みとすることで、注文住宅事業と不動産事業(注文住宅、分譲住宅、不動産仲介)の両方のビジネス展開が可能となっております。

アールプランナー(2983)IPOビジネスモデル

【手取金の使途】
手取概算額408,312千円については第三者割当増資の手取概算額上限92,736千円と合わせて、2021年1月期に運転資金(不動産仕入及び建築費用)として全額充当する予定であります。当社は、分譲住宅用地及び分譲土地の土地仕入れ、注文住宅及び分譲住宅の建築を行っており、付随費用を含む土地仕入費用及び住宅建築費用の一部に資金を充当する予定であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針です。
(アールプランナー(2983)のIPO目論見書より一部抜粋)

アールプランナー(2983)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

アールプランナー(2983)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,680円としてオーバーアロットメント含め7.7億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては小型で、荷もたれ感はありません。

上述の通り、業種は不動産業とIPO市場では人気化しにくいセクターで、事業内容はネット及びリアルで集客をし、ワンストップで住宅・不動産に関するあらゆるサービスの提供と、新規性や独自性にも欠ける普通の不動産業、IPO市場では人気化しやすい「不動産テック」などではないことから、初値高騰までは見込めそうにありません。

株主にベンチャーキャピタルの保有株は無く、既存の上位株主には解除価格無しで90日間のロックアップが掛かっているため、上場時の余計な売り圧力はありません。

業績が堅調なことや公開規模(7.7億円)の少なさから、不人気業種とはいえ、普通なら公募割れは無い水準ですが、今のこの金融市場の悪地合いはもちろん、公募割れが続出しているIPO市場の悪地合いではIPO新規上場)まで1カ月程度あるとはいえ、予断を許さない状況です。小型IPOであれば安パイという定義も今はまるで効果なしです。

とにかくこのアールプランナー(2983)含め、今のIPO新規上場)全般の管理人の個人的なIPO参加スタンスはすべてニュートラルで、この悪環境から脱しているかどうかで、最終の参加不参加を決めたいと思います。

ということで個人的なIPO参加スタンスはまたあらためてアールプランナー(2983)のIPO初値予想記事で書く予定ですが、最近は初値予想記事を書いた直後に上場中止(延期)という悪いサイクルが続いているので、IPOの参加不参加よりもまずはIPO新規上場)までたどり着けるかどうかに注目しています。

アールプランナー(2983)のIPO(新規上場)業績等

アールプランナー(2983)のIPO経営指標
アールプランナー(2983)IPO経営指標

アールプランナー(2983)のIPO売上高及び経常利益
アールプランナー(2983)IPO売上高及び経常利益

超簡単!Amazonギフト券合計8,000円分GET!

Amazonギフト券4000-2
8,000円分のAmazonギフト券をGETする方法を画像付きで解説しています。
超簡単!Amazonギフト券8,000円分GETの大チャンス!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加