大栄環境(9336)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日(11月9日)もまたIPO新規上場承認発表が1社ありました。できれば12月には来てほしくなかった大型IPO案件です。

IPO新規上場承認発表1社2022.11.9

大栄環境(9336)の上場日は2022年12月14日(水)で、今のところは単独上場、上場市場はIPO市場では最上位クラスとなる東証プライム市場への直接上場で、IPO主幹事はIPO愛好家人気の高いSMBC日興証券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト
SMBC日興証券IPO
口座開設後3カ月間はブロンズステージでIPO当選確率アップ!

大栄環境(9336)のIPO(新規上場)情報

設立:1979年10月17日
業種:サービス業
事業の内容:一般・産業廃棄物の収集運搬、中間処理・再資源化及び最終処分を中心とする環境関連事業及び有価資源リサイクル事業

大栄環境(9336)IPO上場承認

上場市場東証プライム
コード9336
名称大栄環境
公募株数3,500,000株
(国内募集株式数:1,750,000株)
(海外募集株式数:1,750,000株)
売出し株数28,600,000株
(国内売出株式数:15,584,000株)
(海外売出株式数:13,016,000株)
オーバーアロットメント4,815,000株
IPO主幹事証券SMBC日興証券
IPO引受幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
SBI証券
野村證券(前受け金不要
岡三証券
岩井コスモ証券
松井証券前受け金不要
楽天証券100%完全抽選
auカブコム証券委託幹事
大和コネクト証券委託幹事
岡三オンライン委託幹事
IPO発表日11月9日(水)
上場日12月14日(水)
仮条件決定日11月28日(月)
ブック・ビルディング期間11月29日(火)~12月2日(金)
公開価格決定日12月5日(月)
IPO申し込み期間12月6日(火)~12月9日(金)
上場時発行済株式総数95,077,900株
時価総額1,207.4億円
吸収金額468.8億円
想定価格1,270円(127,000円必要)

公募株3,500,000株については国内海外で販売される予定となっており、国内募集株式数1,750,000株及び海外募集株式数1,750,000株を目処に行われる予定ですが、最終的な内訳は需要状況等を勘案の上、公開価格決定日2022年12月5日(月)に決定される予定となっております。

売出し株28,600,000株については国内海外で販売される予定となっており、国内売出株式数15,584,000株及び海外売出株式数13,016,000株を目処に行われる予定ですが、最終的な内訳は需要状況等を勘案の上、売出価格決定日2022年12月5日(月)に決定される予定となっております。

そしてこの大栄環境(9336)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券岡三証券が入っていることから、それぞれグループ会社となるauカブコム証券大和コネクト証券岡三オンラインIPO委託幹事(裏幹事)となる可能性が高いです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト

※当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和コネクト証券公式サイト
CONNECT

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 岡三オンライン公式サイト
岡三オンライン証券
※当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

大栄環境(9336)のIPO(新規上場)事業内容等

大栄環境(9336)はグループ会社で、大栄環境株式会社及び連結子会社29社、非連結子会社2社、持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社7社で構成されており「廃棄物処理・資源循環」を中心とする「環境関連事業」を主な事業としています。

大栄環境(9336)IPO環境関連事業

「環境関連事業」は「廃棄物処理・資源循環」のほか「土壌浄化」「エネルギー創造」「森林保全」「施設建設・運営管理」「コンサルティング」「その他」の7つの事業に区分しており「その他」として「アルミペレット」「リサイクルプラスチックパレット」で構成される「有価資源リサイクル事業」を行っております。

大栄環境(9336)IPO有価資源リサイクル事業

廃棄物処理・資源循環

主力となる「廃棄物処理・資源循環」においては、様々な施設群を活用して、産業廃棄物及び一般廃棄物の収集運搬、中間処理・再資源化及び最終処分に至るまでのワンストップサービスを展開しております。

土壌浄化

大栄環境グループは土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の許可を保有しており、主に建設会社に対して、土壌汚染エリアの調査から汚染対策の提案、汚染土壌処理に至るトータルソリューションを提供しております。

エネルギー創造

最終処分場の跡地を利用したメガソーラーや、廃棄物やバイオマスからの熱回収によるエネルギー供給施設、並びにメタン発酵によるバイオガス発電事業における余剰電力の有効利用など、再生可能エネルギーや非化石エネルギーの供給事業を展開しております。

森林保全

全国29カ所、合計約8,160haの山林を保有し、100年先を見据え、森林保全事業を通じて、主に森林組合や奈良県など森林所有自治体に対して「地域づくりモデルの確立」「森づくり技術開発」「林業コンサル・人材育成」「防災・生物多様性」の4つの取組みを展開しております。

施設建設・運営管理

主に自治体から受託したごみ処理施設の施設建設から、維持管理及び保全業務まで一貫して実施しており、緊急時のバックアップ体制も備えた安定的な施設運営を図っております。

コンサルティング

これまで蓄積した経験やノウハウをもとにAI・IoTなどを活用した新たなサービスを研究・開発し、廃棄物を排出する自治体や製造メーカー、ゼネコンなどの民間企業に対して最適なソリューションを提供しております。

アルミペレット

主に自治体から仕入れる飲料用アルミ缶の表面塗料やコーティング材などの異物を取り除き、徹底した品質管理で高純度なアルミペレットを製造し、高炉メーカー等に販売を行っております。

リサイクルプラスチックパレット

自治体が回収する容器包装プラスチック等を原料にリサイクルプラスチックパレットの製造及び販売を行っております。

【手取金の使途】
差引手取概算額1,661百万円及び本件第三者割当増資の手取概算額上限5,807百万円に、海外募集における差引手取概算額2,110百万円をあわせた、手取概算額合計上限9,578百万円については、当社の設備投資資金4,578百万円及び設備投資資金として使用することを目的とした連結子会社への融資5,000百万円に充当する予定であります。
なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。
(大栄環境のIPO目論見書より一部抜粋)

大栄環境(9336)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

大栄環境(9336)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,270円としてオーバーアロットメント含め468.8億円と規模的に東証プライム市場への直接上場としても中型サイズから大型サイズとなり、荷もたれ感のある水準となります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて321,000枚と多めにありますが、グローバルオファリング(国内外同時募集)となり、予定内訳は国内173,340枚、海外147,660枚となっております。

上述の通り大栄環境(9336)の事業内容は一般・産業廃棄物の収集運搬、中間処理・再資源化及び最終処分を中心とする環境関連事業及び有価資源リサイクル事業ということで、廃棄物処理やリサイクル、森林保全などの環境関連事業を行っています。下記大栄環境グループ公式動画(2分程度)で非常にわかりやすく説明されています。


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

大栄環境(9336)は連結子会社29社、非連結子会社2社、持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社7社など子会社及び関連会社41社の環境関連企業グループの事業持株会社となり、2022年9月末日現在で62カ所の事業拠点を有しています。

「再資源化施設等」は廃棄物や汚染土壌の再資源化や処分等を行う施設で31カ所、「その他事業拠点」は分析センターや自治体から受託した廃棄物処理施設の運営を実施している施設等で18カ所、「営業所」は大栄環境グループ統括の営業本部を含め13カ所あります。

大栄環境(9336)の公開規模はIPO想定価格(1,270円)ベースで468.8億円とやや荷もたれ感のあるサイズとなりますが、グローバルオファリング(国内外同時募集)のため海外投資家への販売分を除くと281.2億円まで縮小されます。ベンチャーキャピタルの保有株も無いため大きな売り圧力はありません。

地味な業態ではありますが、環境関連やリサイクル関連はサステナビリティ(現在の社会の機能を継続していくことができるシステムやプロセス)や脱炭素などのカーボンニュートラルと言った日本政府の取り組みでもあることから大口(機関投資家、海外投資家)からの引き合いは一定ありそうですが、公開規模大きめで地味な業態の漢字社名の老舗企業ということから個人投資家の人気は低そうです。ひとまずの初値評価は公開価格を意識したD級評価が妥当と考えます。

初値高騰は無いものの公募割れ回避で堅調なスタートにはなりそうな雰囲気はしますが、大型案件となるため、とりあえず大手初値予想会社の見解を見てからIPO参加スタンスを決めたいと思いますので、現時点での管理人の個人的なこの大栄環境(9336)のIPO参加スタンスは中立とさせて頂きます。

大栄環境(9336)のIPO(新規上場)業績等

大栄環境(9336)のIPO経営指標
大栄環境(9336)IPO経営指標

大栄環境(9336)のIPO売上高及び経常利益
大栄環境(9336)IPO売上高及び経常利益

投資家登録(無料)だけでAmazonギフト券1,000円GET!

CREAL
クリアル(CREAL)とAmazonギフト券1,000円GETのタイアップ開催中!

オススメ情報

IPO歴15年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPO投資にオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。 line友だち追加