Sansan(4443)がIPO新規上場)承認発表されました。
昨日2社IPO新規上場)承認発表のあったうちのもう1社です。
もう1社のピアズ(7066)はすでに記事にてご紹介させて頂いておりま
すのでコチラをご覧下さい。⇒ ピアズ(7066)IPO新規上場承認

このSansan(4443)はかねてよりIPO新規上場)のウワサのあった
企業です。⇒ 2019年にIPO(新規上場)がウワサされている企業

Sansan(4443)の上場日は6月19日(水)日本グランデ(2973)と2
社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への
上場でIPO主幹事野村證券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

Sansan(4443)のIPO(新規上場)情報

設立:2007年6月11日
業種:情報・通信業
事業の内容:法人向け名刺管理サービス「Sansan」及び個人向け名刺
管理アプリ「Eight」の提供

sansan-ipo

上場市場東証マザーズ
コード4443
名称Sansan
公募株数500,000株
売出株数7,010,000株
OA1,126,500株
IPO主幹事証券野村證券
IPO引受幹事証券SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
マネックス証券
極東証券
カブドットコム証券(委託幹事)
上場日6月19日
IPO仮条件決定日5月30日
BB期間6月3日~6月6日
IPO公募価格決定日6月7日
IPO申込期間6月11日~6月14日
IPO想定発行価格3,650円~4,500円
(365,000円~450,000円必要)

売り出し株についての株式の一部は欧州及びアジアを中心とする海外市
場の海外投資家に対しても販売される予定となっています。
現時点での販売数量は未定で6月7日(金)に決定する予定となります。

そして上記をご覧の通り、このSansan(4443)のIPO幹事団(シンジ
ケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券の名前があるため
カブドットコム証券のIPO幹事入りも期待できそうですね。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ カブドットコム証券公式サイト

Sansan(4443)のIPO(新規上場)事業内容等

Sansan(4443)は、名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として
可視化・共有できる、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を
展開するSansan事業と、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの仕
組みを取り入れ、名刺をビジネスの繋がりに変える名刺アプリ「Eight
を展開するEight事業を運営しています。

Sansan事業のイメージ

Sansan事業では「Sansan, Where Business Starts名刺管理から、ビジネス
がはじまる」をコンセプトに、クラウド型の名刺管理サービス「Sansan
を法人向けに展開しています。

Eight事業のイメージ

Eight事業では「名刺でつながる、ビジネスのためのSNS」をコンセプトに
名刺管理だけではなく、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの仕組
みを取り入れた新しいビジネスネットワークサービスとして名刺アプリ
Eight」を運営しています。

Sansan(4443)のIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

Sansan(4443)の市場からの吸収金額はIPO想定価格3,650円~4,500円
としてOA含め315.2億円~388.6億円と規模的に東証マザーズ市場への
上場としては大型サイズとなり、かなり荷もたれ感を感じるサイズです。

個人的には以前より上場観測のあった企業なだけにやや期待していた面
もありましたが、東証マザーズ上場で300億円越えの規模を見てビックリ、
公募株500,000株に対して売り出し株が7,010,000株と14倍もあるのもビ
ックリで想像していた内容と大きく乖離していました。
まあ勝手に想像していただけでしたが。

市場シェアとしてはSansan(4443)のほぼ独占状態で法人向け名刺管理
サービス参入企業シェアが81.9%、利用企業は5,738社、解約率に至っては
0.73%と高い実績があります。多くの大手企業も利用しています。

Sansan(4443)利用企業一部

このテレビCMも一度ぐらいは見たことがあるのではないでしょうか。

Sansan(4443)のテレビCM「面識ありシリーズ」

※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

そしてさすがベンチャー企業といったところでしょうか。
Sansan(4443)の株主の中にはベンチャーキャピタルがズラリ。
ベンチャーキャピタル含め上位大株主には90日間及び180日間のロック
アップが掛かっていますが、一部は公募価格の1.5倍以上になれば解除さ
れ売却可能となります。仮に初値が上がっても1.5倍が限度でしょうか。
ただ6月IPOの中でも注目度は高めとなるでしょうね。

正直、さすがにこの規模になってくると参加不参加は悩ましいです。
現時点での管理人の個人的なこのSansan(4443)のIPO参加スタンスは
中立でまずは大手初値予想会社の第一弾初値予想の見解を見てから、そ
してIPO市場の地合いを見てからの判断となりそうです。
海外市場の海外投資家への販売比率や人気も気になるところです。

某情報によりますと当初6月は15社程度のIPO(新規上場)があると言わ
れていましたが、米中貿易摩擦の影響で10社程度まで減るそうです。
残念ですね。色んな理由から一刻も早く解決してほしいところです。

<追記>
やはりカブドットコム証券がこのSansan(4443)のIPO裏幹事(委託幹
事)
になると公式サイトで正式に発表がありました。

Sansan(4443)のIPO取り扱い決定カブドットコム証券
Sansan(4443)IPOカブドットコム証券

Sansan(4443)のIPO(新規上場)業績等

Sansan(4443)のIPO経営指標
Sansan(4443)IPO経営指標
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

Sansan(4443)のIPO売上高及び経常損益
Sansan(4443)IPO売上高及び経常損益
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.4.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.6.30