ウィルズ(4482)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。このウィルズ(4482)は昨日IPO新規上場承認発表があった2社のうちのもう1社です。もう1社のベース(4481)についてはすでに以下の記事にてご紹介させて頂いております。

ウィルズ(4482)の上場日は12月17日(火)で超大型IPOフリー(4478)と2社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事は昨日のベース(4481)に続き、またもやみずほ証券となっております。

ウィルズ(4482)のIPO(新規上場)情報

設立:2004年10月18日
業種:情報・通信業
事業の内容:上場企業と機関投資家及び個人投資家をクラウド上でつなぐ、機関投資家マーケティングツール「IR-navi」及び個人投資家マーケティングツール「プレミアム優待倶楽部」の提供、並びに統合報告等のESGコンテンツの企画・制作

ウィルズ(4482)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード4482
名称ウィルズ
公募株数100,000株
売出し株数220,000株
オーバーアロットメント48,000株
IPO主幹事証券みずほ証券
IPO引受幹事証券大和証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
マネックス証券100%完全抽選
楽天証券100%完全抽選
松井証券前受け金不要
エース証券
水戸証券
auカブコム証券委託幹事
上場日12月17日
仮条件決定日11月27日
ブック・ビルディング期間11月29日~12月5日
公開価格決定日12月6日
IPO申し込み期間12月9日~12月12日
吸収金額3.3億円
想定価格910円(91,000円必要)

そして上記をご覧の通りこのウィルズ(4482)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券も入っているため、auカブコム証券のIPO幹事入りも期待できそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト

ウィルズ(4482)のIPO(新規上場)事業内容等

ウィルズ(4482)の事業内容は株主管理プラットフォーム事業の単一セグメントですが「プレミアム優待倶楽部」「IR-navi」「ESGソリューソン」と3つのサービスを提供しております。

ウィルズ(4482)IPO事業概要

プレミアム優待倶楽部

「ポイント制株主優待」と株主の「電子化」(株主の電子メールアドレスを取得して法定書類を電磁的に提供し、また株主専用サイトにおける上場企業と株主との双方向コミュニケーションを実現すること)を組み合わせたサービスです。
ウィルズ(4482)IPOプレミアム優待倶楽部

IR-navi

ウィルズ創業来の基盤サービスであり、約260社の上場企業へ提供している機関投資家マーケティングプラットフォームです。
ウィルズ(4482)IPO IR-navi

ESGソリューソン

統合報告書やアニュアルレポートなどの投資家とのコミュニケーションツールを企画、制作するサービスです。
ウィルズ(4482)IPO ESGソリューソン

株主数の獲得や中長期的に株式を保有する株主の獲得が必要な企業、機関投資家との対話や投資家への情報配信を積極化したい企業、海外機関投資家とのコミュニケーションツールの企画・作成に取り組む企業など、企業ごとの様々な課題やニーズに合わせたすべての上場企業を対象に提供するサービスです。

ウィルズ(4482)IPO事業系統図

【手取金の使途】
手取概算額73,720千円については、プレミアム優待倶楽部、及びIR-naviのシステム開発資金の一部に充当する予定であります。具体的な充当時期は2020年12月期に50,000千円、2021年12月期に23,720千円を予定しております。なお、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
(ウィルズのIPO目論見書より抜粋)

ウィルズ(4482)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

ウィルズ(4482)の市場からの吸収金額はIPO想定価格910円としてオーバーアロットメント含め3.3億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては小型サイズとなり、荷もたれ感はありません。

上述の事業内容にあるウィルズ(4482)の「プレミアム優待倶楽部」は株主優待に興味のある方であれば目にしたことがあるかもしれませんね。ビットコインなど仮想通貨のデータベースとなるブロックチェーン技術を活用した株主管理プラットフォームとして、話題性や将来性もありそうです。

株主の中にはミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)やMS-Japan(6539)、ナレッジスイート(3999)などまだIPO新規上場)で記憶に新しい企業の名前があり、ベンチャーキャピタルの保有株も少量(33,000株)ですがあります。上位株主も含めて180日間のロックアップが掛かっており、公開価格の1.5倍以上になれば解除となりますが、上場後(初値形成後)でないと売却はできないパターンなので、需給面は良好と言えます。ただIPOセカンダリ参戦は要注意かもしれません。

業績も黒字化しており、何より東証マザーズ上場の超小型ネット関連と個人だけでも十分持ち上げることが可能なため、初値高騰はほぼ間違いなしでしょうかね。これはもう目隠しで申し込んでも問題ないかと思われます。もちろん管理人もすでに全力申し込みスタンスで考えています。

ウィルズ(4482)のIPO主幹事はみずほ証券で通常であれば単価が1,000円未満の場合は200株1セットで配分する傾向があるのですが、さすがにホットイシュー扱いとなり、100株1セットの可能性が高そうですね。

まあ基本的に広く浅くの方がありがたいですが、IPO株数は公募株及び売り出し株合わせてわずか3,200枚しかないため、200株配分でも100株配分でもどちらにしてもIPO当選は困難となりそうです。プラチナチケット確定ですね。

IPO幹事団(シンジケート)の中に主力ネット証券4社(おそらく5社になる予定)が入っていることは管理人のような完全抽選派にとって少しは有利となりそうです^^

<追記>
やはりauカブコム証券がこのウィルズ(4482)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

ウィルズ(4482)のIPO取り扱い決定auカブコム証券
ウィルズ(4482)IPOauカブコム証券

ウィルズ(4482)のIPO(新規上場)業績等

ウィルズ(4482)のIPO経営指標
ウィルズ(4482)IPO経営指標

ウィルズ(4482)のIPO売上高及び経常損益
ウィルズ(4482)IPO売上高及び経常損益

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記LINE@でしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。2019年末に有料級の情報を配信する計画もあります。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加