ブランディングテクノロジー(7067)のIPO新規上場)第一弾初値予
がIPO想定価格ベース(1,540円)ですが大手初値予想会社より発表さ
れたようです。6月のSBI主幹事IPO3社のうちの1社です。
IPOチャレンジポイントについての予想は記事最下部で行っております。

ブランディングテクノロジー(7067)の上場日は6月21日(金)で単独
上場、IPO主幹事はSBI証券となっております。
IPO申し込み期間は6月4日(火)~6月10日(月)です。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム
当ブログ限定口座開設タイアッププログラム稼働中!

ブランディングテクノロジー(7067)のIPO(新規上場)初値予想
ブランディングテクノロジー(7067)IPO初値予想

ブランディングテクノロジー(7067)のIPO想定価格は1,540円となって
いるため、現時点では公募価格の2.0倍~3.2倍程度の初値形成になるので
はないかと強めの初値予想となっており、個人的な評価についても強め
A級評価に設定させて頂いております。

このブランディングテクノロジー(7067)のIPO仮条件は今週末5月31日
(金)
に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予
想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記
致します。

ブランディングテクノロジー(7067)の事業内容はインターネットを利
用した各種情報提供サービス、広告業及び広告代理店業、インターネット
ホームページの企画立案、開発、管理及びそれに附帯する業務と、いわゆ
ドストライクのネット関連IPOとなります。

ブランディングテクノロジー(7067)公式サイト動画

※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

ブランディングテクノロジー(7067)の詳細な事業内容については下記
過去記事をご覧下さい。
ブランディングテクノロジー(7067)IPO新規上場承認(過去記事)

ブランディングテクノロジー(7067)公開規模はIPO想定価格(1,540円
2.4億円と東証マザーズ市場への上場としては超小型サイズとなります。

ベンチャーキャピタルの保有株が4社36万株ほどあり、そのうち30万株に
は90日間のロックアップが掛かっています。ただし公募価格の1.5倍以上に
なれば解除され売却可能となります。残り6万株はロックアップ無しです。

少なくとも1.5倍までは安全と思われ、あとはベンチャーキャピタル次第と
いった感じになりそうですが、さすがにネット関連IPOとなればそう簡単
に大きな売りは出て来ないのではないかと思われます。

ブランディングテクノロジー(7067)のIPO株数も公募株及び売り出し株
合わせて1,562枚しかないため、希少性も十分で、いずれにしても上場日の
需給はひっ迫となりそうです。
上場日初日値付かずの可能性も大いにあり得そうですね。

そして推定となりますがこのブランディングテクノロジー(7067)のIPO
株(公募株及び売り出し株)1,562枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)
への割り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
SBI証券主幹事1,325枚85.0%
大和証券78枚5.0%
楽天証券23枚1.5%
岩井コスモ証券16枚1.0%
藍澤證券16枚1.0%
極東証券16枚1.0%
東洋証券16枚1.0%
むさし証券16枚1.0%
エース証券16枚1.0%
丸三証券16枚1.0%
香川証券16枚1.0%
おきぎん証券8枚0.5%

OA(オーバーアロットメント)はありません。

いやはやこれはさすがにIPO主幹事のSBI証券以外の平幹事でのIPO当選
数字的に厳しそうですね。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム
当ブログ限定口座開設タイアッププログラム稼働中!

もちろん管理人の個人的なこのブランディングテクノロジー(7067)の
IPO参加スタンスは全力申し込みで行く予定です。

そしてやはりA級評価SBI証券主幹事IPOということで気になるのはIPO
チャレンジポイントを使用した際のIPO株配分数ボーダーラインでは
ないでしょうか。

ということでまずは下記のIPOチャレンジポイント使用した際のIPO株配
分数をまとめた過去データをご覧下さい。

IPO株配分数過去データブランディングテクノロジーまで)
IPO株配分数過去データブランディングテクノロジー(7067)まで

もうこれは分析するまでもないかもしれませんね。
100株配分でほぼ決まりでしょうか。

ボーダーラインに関しては最近は本当に算出が難しく、インフレ化が異常
過ぎて公式などは一切通用しません。正直およそ何ポイントという数字さ
えも出てきません。申し訳ありません。

しかし参考までにということで直近のデータでは以下の通りとなります。
一番右端の赤文字がIPOチャレンジポイントボーダー数となります。

IPOチャレンジポイント過去データバルテスまで)
IPOチャレンジポイント過去データバルテスまで

ただし上記数字は読者様情報やネット上にある情報であるため絶対値では
ありませんことをあらかじめご了承下さい。

これらの数字を見ているとブランディングテクノロジー(7067)で必要な
IPOチャレンジポイントは400ポイント以上となりそうですね^^;

<追記>
ブランディングテクノロジー(7067)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,540円
IPO仮条件:1,600円~1,740円

IPO想定価格が最下限以上の窓開けとなる超強気なIPO仮条件設定となり
ました。これまたかなり期待できそうですね。

<追記>
ブランディングテクノロジー(7067)の第二弾初値予想が発表されたよ
うです。

4,500円~6,000円

IPO仮条件が窓開けの超強気な設定となったことからIPO初値予想第二弾
はIPO初値予想第一弾よりも上ブレした初値予想となっているようです。
管理人の評価は本来であればS級評価にしたいところですが、利益が100
万円を超えることは無さそうなので、引き続きA級評価のままで変更なし
とさせて頂きます。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.4.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.6.30