Sansan(4443)のIPO新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価格ベ
ース(3,650円~4,500円)ですが、大手初値予想会社より発表されたよ
うです。改めて見るとスゴく広い値幅ですね^^;

Sansan(4443)の上場日は6月19日(水)日本グランデ(2973)
2社同日上場、IPO主幹事は業界最大手の野村證券となっております。
IPO申し込み期間は6月3日(月)~6月6日(木)です。

Sansan(4443)のIPO(新規上場)初値予想
Sansan(4443)IPO初値予想

Sansan(4443)のIPO想定価格は3,650円~4,500円となっているため、
現時点ではIPO想定価格が定まってないため、公募割れ~1.1倍程度の初
値形成になるのではないかと幅広い初値予想となっており、個人的な評
価についても弱めD級評価に設定させて頂いております。

このSansan(4443)のIPO仮条件は今週5月30日(木)に決定する予定
となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはい
つも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

Sansan(4443)の事業内容は法人及び個人の名刺管理サービスという
ことで人気化しそうな業態ですが、何より公開規模が東証マザーズ市場
への上場でIPO想定価格ベースで315.2億円~388.6億円と大型になる点
が気になるところです。

Sansan(4443)の詳細な事業内容については下記の過去記事をご覧下さ
い。 ⇒ Sansan(4443)IPO新規上場承認(過去記事)

IPO想定価格も3,650円~4,500円と決まってない上にかなり幅広く設定
されていることからどこかしら様子見的な弱気な雰囲気を感じます。

知名度は高いものの赤字のベンチャー企業という点や公募株500,000株
に対して売り出し株が7,010,000株14倍あり、売り出し元の多くはベン
チャーキャピタル
ということから出口案件色も強く感じてしまいます。

ただ赤字ではありますが、名刺管理市場シェアとしてはSansan(4443)
の法人向けクラウド名刺管理サービスがおよそ82%を占めており、ほぼ
独占状態で利用企業は数名規模から大手や官公庁まで含め6,000社以上、
5年連続シェアNo.1と高い実績があります。

Sansan(4443)の社長メッセージ

※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

あとは売り出し株についての株式の一部を欧州及びアジアを中心とする
海外市場の海外投資家に対しても販売される予定となっているため海外
への販売数量や海外投資家の動向などが気になるところです。

ただ海外勢も先日5月10日ニューヨーク証券取引所にIPO(新規上場)
ウーバー・テクノロジーズが事前期待よりも悪い「公募割れ」という
結果になり、今現在も軟調に推移していることから慎重姿勢になってる
可能性も否めません。

いずれにしてもこのSansan(4443)はIPO株数が比較的多く、IPO株を
取得できる可能性は他のIPO銘柄と比べると高そうですが参加不参加の
判断は非常に難しいIPOとなりそうです。

上場日は6月19日(水)日本グランデ(2973)2社同日上場となりま
すが、日本グランデ(2973)は地方上場で公開規模1.3億円となるため、
このSansan(4443)への影響はほぼ無いかと思います。

そして推定となりますがこのSansan(4443)のIPO株(公募株及び売り
出し株)75,100枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て
数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
野村證券主幹事60,230枚80.20%
SMBC日興証券3,755枚5.0%
大和証券3,755枚5.0%
みずほ証券3,755枚5.0%
SBI証券1,689枚2.25%
三菱UFJM・S証券563枚0.75%
楽天証券451枚0.6%
マネックス証券451枚0.6%
極東証券451枚0.6%
カブドットコム証券?枚?%

上記とは別でOA分が11,265枚あります。

上述の通りこのSansan(4443)のIPO参加不参加は非常に難しいです。
とりあえず現時点での管理人の個人的なこのSansan(4443)のIPO参加
スタンスは無難にスルーが正解かもしれませんがIPO主幹事の野村證券
を含め、IPO当選後のキャンセルペナルティのない証券会社のみは参加
しようかと考えています。
IPOキャンセルペナルティのある証券会社3社(過去記事)

もちろんIPO市場の動向などを見ながらとなるため、ギリギリでIPO参加
スタンスを変更する可能性があることだけはあらかじめご了承下さい。

<追記>
Sansan(4443)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:3,650円~4,500円
IPO仮条件:4,000円~4,500円

強気でもなく弱気でもなく、おおむね一般的なIPO仮条件設定と取れる
でしょうか。なんとも微妙な設定ですね^^;

<追記>
Sansan(4443)の第二弾初値予想が発表されたようです。

4,500円~5,000円

IPO仮条件はほぼ一般的な設定となりましたが、IPO初値予想第二弾
IPO初値予想第一弾よりも下限のみが上ブレした初値予想となっている
ようです。公募割れは否定的なようですね。

管理人の評価はD級評価のままで変更なしとさせて頂きますが、個人的
なIPO参加スタンスを申し込み証券会社を増やすという方向で少し変更
しようかと考えています。

ただし以下のようにIPO当選後のキャンセルペナルティがある証券会社
からのIPO申し込みは止めておこうと思います。
⇒ IPOキャンセルペナルティのある証券会社3社

<追記>
Sansan(4443)の第三弾初値予想が発表されたようです。

4,700円~5,000円

機関投資家の反応が予想以上に良いことや海外比率がおよそ38%になっ
たことなどが上ブレ要因のようです。これはもしかするといけるのか。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.4.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.6.30