イメージ・マジック(7793)の第一弾初値予想がIPO想定価格ベース(1,840円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようなので、大手初値予想会社の初値予想や個人的な見解も含めたIPO初値予想及びIPO幹事団(シンジケート)の配分数紹介やIPO申し込み戦略などを考察してみたいと思います。

イメージ・マジック(7793)の上場日とIPO申込期間

イメージ・マジック(7793)の上場日は2022年3月3日(木)単独上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はみずほ証券となっております。

このイメージ・マジック(7793)のIPO申し込み期間は2月10日(木)~2月17日(木)となっており、他のIPO案件との申し込み期間は多少ズレてはいるものの、おおむね被っているようなものなので、申し込みを考えている方は資金管理にご注意下さい。

イメージ・マジック(7793)のIPO(新規上場)初値予想 第1弾

イメージ・マジック(7793)のIPO(新規上場)初値予想

イメージ・マジック(7793)のIPO想定価格は1,840円となっているため、現時点では公募価格の1.3倍~1.6倍程度の初値形成になるのではないかとやや強めB級評価レベルの第一弾初値予想となっており、個人的な初値予想についてもやや強めB級評価に設定させて頂いております。

このイメージ・マジック(7793)のIPO仮条件は明日2月8日(火)に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の最下部に順次追記致します。

イメージ・マジック(7793)の事業内容

イメージ・マジック(7793)の事業内容はオンデマンドプリントプラットフォームの提供、オリジナルプリントグッズの販売及び製造、IoT等を活用した製造に関するシステム及び関連機器の開発、販売及びコンサルティングということで、必要に応じたオンデマンドプリントサービスとなります。

このイメージ・マジック(7793)の更なる詳細な事業内容などについてお知りになりたい方は、すでに下記のIPO新規上場発表時の記事に記載しておりますので、お手数ですがご覧頂けますと幸いです。

イメージ・マジック(7793)のブルベア要素とIPO参加スタンス

イメージ・マジック(7793)の公開規模はIPO想定価格ベース(1,840円)で10.0億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては小型サイズの範囲となり荷もたれ感はありません。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて4,755枚と少ないことから、当選確度としては低めとなりそうです。

そして今回もこのイメージ・マジック(7793)のブル要素(ポジティブ材料)ベア要素(ネガティブ材料)をそれぞれ簡単に要約して考察してみます。

まずブル要素(ポジティブ材料)としてはキラキラ案件では無いものの、オンデマンドプリントサービスの市場はEコマース(電子商取引)需要から拡大傾向にあり、業績もそれに伴って右肩上がりとなっています。公開規模に荷もたれ感も無く、株価も比較的割安に設定されていることから、一定の安心感があります。

ベア要素(ネガティブ材料)としてはやはり市況の悪化と政府のIPO介入でしょうか。一時は回復の兆しが見えたかのように思えた株式市場は再び総崩れとなっており、新興市場も下落の一途。IPO市場も政府の公開価格低過ぎる問題に加え、独占禁止法違反の恐れで公正取引委員会も動き出しており、IPOはまるで法律違反扱い。

別腹かと期待していたIPOも20年以上と長きに渡り続いていた「新年第一号IPO案件に公募割れ無し」のアノマリーもとうとう崩れてしまい公募割れスタート、続く第二号IPO案件も公募割れスタートと、IPO市場は新年早々まさかの2社連続公募割れという非常に厳しい環境となっています。

何かしら起爆剤的なIPO銘柄が出て来ないことにはこの厳しい現状を打破することは難しいと考えられます。実際にこの規模(10億円レベル)での公募割れも現実味を帯びて来ており、小型案件でも安心できるとは限りません。次こそはという願いも込めて初値は堅調にスタートしてほしいと願いますが、とりあえず現時点での管理人の個人的なこのイメージ・マジック(7793)のIPO参加スタンスは全力申し込みからひとまず中立とさせて頂きたいと思います。

イメージ・マジック(7793)のIPO幹事配分数

そして推定となりますがこのイメージ・マジック(7793)のIPO株(公募株及び売り出し株)4,755枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
みずほ証券(主幹事3,805枚80.0%
大和証券476枚10.0%
野村證券前受け金不要238枚5.0%
マネックス証券100%完全抽選95枚2.0%
楽天証券100%完全抽選47枚1.0%
SBI証券47枚1.0%
松井証券前受け金不要47枚1.0%
CONNECT(コネクト)委託幹事?枚?%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が713枚あります。

積極的にIPO株を狙いに行くのであれば、IPO主幹事となるみずほ証券は外せません。その他平幹事の中には100%完全抽選の証券会社(マネックス証券楽天証券松井証券)もありますが、いずれも持ち分は3ケタ無いため厳しいでしょうかね。

先日数名の読者様より松井証券100%完全抽選ではないのでは?と言うお問い合わせを頂きました。一応松井証券の公式ルールではIPOの抽選配分は70%以上という記載がありますが、日本証券業協会が定期的に開示している「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」を見るとほぼすべてのIPO案件で抽選割合が100%となっていることから、個人的に100%完全抽選の証券会社と位置付けております。

イメージ・マジック(7793)のIPO仮条件決定

イメージ・マジック(7793)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,840円
IPO仮条件:1,640円~1,740円

IPO想定価格を下回る弱気なIPO仮条件設定となりました。想定内ですが、あまりに弱気設定が続くとさらに環境が悪くなりそうです。そしてこの仮条件設定に伴い市場からの吸収金額は8.9億円~9.5億円となりました。

イメージ・マジック(7793)のIPO(新規上場)初値予想 第2弾

イメージ・マジック(7793)の第二弾初値予想が発表されたようです。

1,800円~2,200円

IPO仮条件が弱気な設定となったことや足元の環境の悪さからか、IPO初値予想第二弾はIPO初値予想第一弾よりも上限下限とも下ブレとなる初値予想となっているようです。個人的な評価についてもB級評価からC級評価に格下げとさせて頂きます。IPO参加スタンスについては一部参加で、IPO主幹事のみずほ証券とIPOチャレンジポイント狙いでのSBI証券の2社からの申し込みで行く予定です。

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加