Mマート(4380)がIPO新規上場承認発表されました。
ようやくリートIPOを除いた通常のIPO2018年第二号の登場です。
およそ二週間ぶりのIPO新規上場承認発表となりました。

上場日は2018年第一号IPOである世紀(6234)の上場日(2月8日)から
およそ二週間後の2月23日(金)で今のところは単独上場、上場市場は
IPO市場でも人気の高い東証マザーズ市場への上場でIPO主幹事はみずほ
証券となっております。

<追記>
世紀(6234)のIPO(新規上場)取り止めとなったため、今回のこの
Mマート(4380)が実質的に2018年第一号IPOとなりました。
さらなる人気化となりそうです。

大手スーパーマーケットの?マートではありません。Mマートです。
一瞬見間違えてしまいました^^;

Mマート(4380)のIPO情報

設立:2000年2月25日(2002年7月7日に株式会社形態に組織変更)
業種:情報・通信業
事業の内容:BtoBに特化したインターネットマーケットプレイス事業

Mマート(4380)IPO新規上場承認

上場市場東証マザーズ
コード4380
名称Mマート
公募株数453,400株
売出株数134,000株
OA88,100株
主幹事証券みずほ証券
引受幹事証券大和証券
SMBC日興証券
岡三証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券(委託幹事)
上場日2/23
仮条件決定日2/2
BB期間2/6~2/13
公募価格決定日2/14
申込期間2/15~2/20
想定発行価格1,190円(119,000円必要)

Mマート(4380)のIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

Mマート(4380)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,190円として
OA含め8.0億円と規模的に東証マザーズIPOとしては小型サイズです。

Mマート(4380)の事業内容はBtoBに特化したインターネットマーケ
ットプレイス事業ということでストライクのネット関連銘柄です。

ちなみにBtoBとは企業間での電子商取引のことを言い、売りて企業と
買い手企業を結び付けるビジネスモデルのことを言います。
Business(売り手) to Business(買い手)の略語です。

東証マザーズ上場のネット関連銘柄で小型案件とIPO市場では人気化
しやすい三拍子の揃ったIPOとなります。業績もおおむね右肩上がり
推移しており、売り圧力となるベンチャーキャピタルの保有株も見当
たりません。文句無しのA級銘柄でしょうか。争奪戦必至ですね。

Mマート(4380)の公式サイトはやや古めかしいイメージに仕上がっ
ており、取り扱い商品も食材がメインでネット専業には見えにくく、
始め見たときはスーパーと勘違いしてしまいました^^;

IPO幹事団の中には岡三証券の名前があるので岡三オンライン証券
IPO裏幹事(委託幹事)として入る可能性が高いですね。
今後の公式サイトは要注目です。

当ブログ限定口座開設タイアップキャンペーン開催中!
okasan-onlinecp2018.3.31

<追記>
岡三オンライン証券が正式にこのMマート(4380)のIPO取り扱いを
公式サイトで発表しました。

Mマート(4380)IPO岡三オンライン証券

とりあえず現時点での管理人のこのMマート(4380)のIPO参加スタン
スはもちろん全力申し込みで行く予定です。大手初値予想会社の評価も
おそらくA級評価を提示してくるのではないかと思われます。

Mマート(4380)のIPO業績等

Mマート(4380)のIPO経営指標
Mマート(4380)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

Mマート(4380)のIPO営業収益及び経常損益
Mマート(4380)IPO営業収益及び経常損益
※上記画像はクリックで拡大します。

いよいよメルカリ6月IPO(新規上場)ということで調整に入った
ようです。先日のソフトバンクと言い、今年(2018年)のIPO市場は
盛り上がりそうですね。
メルカリ6月上場で調整 時価総額2000億円規模に(日本経済新聞)

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiseccp2018.1.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.3.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31