ランサーズ(4484)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日IPO新規上場承認発表のあった3社のうちの1社です。残りのJMDC(4483)JTOWER(4485)についてはまた後ほど別記事でご紹介させて頂きます。記事が出来次第当記事にもリンクさせておきます。

ランサーズ(4484)の上場日は12月16日(月)ベース(4481)JMDC(4483)と3社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事は比較的IPOの当選確率が高くIPO愛好家からの人気が高い大和証券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

ランサーズ(4484)のIPO(新規上場)情報

設立:2008年4月1日
業種:情報・通信業
事業の内容:フリーランスと企業を仕事領域でマッチングさせるプラットフォーム

ランサーズ(4484)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード4484
名称ランサーズ
公募株数2,270,000株1,600,000株
売出し株数5,067,400株1,008,700株
オーバーアロットメント1,100,600株391,300株
IPO主幹事証券大和証券
IPO引受幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券100%完全抽選
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券100%完全抽選
松井証券前受け金不要
岩井コスモ証券
auカブコム証券委託幹事
上場日12月16日
仮条件決定日11月27日
ブック・ビルディング期間11月29日~12月5日
公開価格決定日12月6日
IPO申し込み期間12月9日~12月12日
吸収金額75.9億円27.0億円
想定価格900円(90,000円必要)

売り出し株5,067,400株の一部は欧州及びアジアを中心とする海外市場の海外投資家に対しても販売される予定となっています。現時点での海外への販売数量は未定(半数未満)で最終的な内訳は公開価格決定日となる12月6日(金)に決定する予定となっております。

そして上記をご覧の通りこのランサーズ(4484)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券も入っているため、auカブコム証券のIPO幹事入りも期待できそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト

ランサーズ(4484)のIPO(新規上場)事業内容等

ランサーズ(4484)はフリーランスとクライアントを仕事領域でマッチングさせるプラットフォームの運営を行っております。

ランサーズ(4484)IPO事業内容

ランサーズ(4484)は実績とスキルのあるプロフェッショナルにホームページ制作やアプリ開発、ロゴなどのデザイン、記事作成など、141カテゴリの仕事を依頼することができます。

フリーランスは依頼から進行、納品、決済までをすべてオンラインで完結できるため、いつでもどこでもスピーディーに仕事を進めることが可能で、クライアントは必要なときに必要な分だけアウトソーシングすることができるため、仕事の繁忙期や閑散期に合わせた「固定費の変動費化」が図れます。

ランサーズの紹介動画

※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

ランサーズ(4484)の主な特徴としてはランサーには実名、顔写真の入力を推奨しており、実名・顔写真が見えることで、信頼性の高いランサーが多数在籍していることがわかるプラットフォームとなっています。

クライアントが依頼した案件は、AI によって依頼内容と金額が査定され、適正な価格のものにラベルが付きます。ランサーに関しては、実名・顔写真などの情報がありかつスキルがクライアントのニーズに合致したランサーが上位に表示され、親和性の高い両者がマッチングされやすい仕組みとなっております。

ランサーを増加・定着させる仕組みとして「新しい働き方 LAB」「Freelance Basics」等のサービスを展開しており、これらのサービスはフリーランスになる際にハードルとなる成長、福利厚生、法務や経理等の管理業務をサポートしています。

ランサーズ(4484)IPO事業系統図

【手取金の使途】
手取概算額2,010百万円及び第三者割当増資の手取概算額上限495百万円については、広告宣伝費、人件費及び外注費、オフィス移転費用、借入金の返済に充当する予定であります。
(ランサーズのIPO目論見書より一部抜粋)

ランサーズ(4484)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

ランサーズ(4484)の市場からの吸収金額はIPO想定価格900円としてオーバーアロットメント含め75.9億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては大型で荷もたれ感を感じるサイズとなります。

ちなみにこのランサーズ(4484)は以前より上場観測のあった企業で日本最大級のお仕事発注サイトということもあり、テレビCMなどのメディアへの露出度も多く、知名度もあることから注目度は高そうです。

国策となる「働き方改革」から政府は副業の拡大を推進し、副業禁止ルールが強かった企業も最近では副業を認め初めています。会社員自体も4割が副業に意欲的ということからもこのフリーランス市場は拡大傾向にあります。

ランサーズ(4484)IPO環境

ベンチャーキャピタルは4社あるものの今回の売り出しで全株を放出することになるため、上場時のベンチャーキャピタルの売り圧力はありません。早く手放したい感が伝わってくるようなベンチャーキャピタル動向です。上位株主には解除価格無しで180日間のロックアップも掛かっていますので、上場時の大きな売り圧力はありません。

しかしながらやはり気になるのは時期と規模ですね。上場日は12月16日(月)とすでに年末のIPOラッシュ真っ只中の買い疲れが出るなかでの3社同日上場。公開規模の大きさは東証マザーズ上場で75.9億円と大型で荷もたれ感を感じます。

さらに付け加えるなら投資家から敬遠されやすい出口(イグジット)感バリバリのうえ、赤字での上場と特に最近は敬遠されやすい内容となっています。事業内容は評価できるもののマイナス面も多くあります。

IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて73,374枚と多いため、IPO当選は比較的容易ではないかと思われます。参加不参加は別として特にIPO主幹事の大和証券は個人には優しい証券会社なので高い確率で当選しそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

いつもの通り大型案件は参加不参加の判断が難しいため、個人的なこのランサーズ(4484)のIPO参加スタンスは現時点では中立とし、まずは大手初値予想会社の第一弾初値予想の見解や海外投資家の動向などを見てから決めたいと思います。

<追記>
やはりauカブコム証券がこのランサーズ(4484)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

ランサーズ(4484)のIPO取り扱い決定auカブコム証券
ランサーズ(4484)IPOauカブコム証券

ランサーズ(4484)のIPO(新規上場)業績等

ランサーズ(4484)のIPO経営指標
ランサーズ(4484)IPO経営指標

ランサーズ(4484)のIPO売上高及び経常損失
ランサーズ(4484)IPO売上高及び経常損失

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記LINE@でしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。2019年末に有料級の情報を配信する計画もあります。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加