今年(2020年)の最終IPOは異例の大納会初値ということで、IPO愛好家にとっては12月中旬から本日までは大忙しで休むヒマも無かったという感じでしょうかね。

オーラスIPOとなったオンデック(7360)は史上初の大納会初値で公募価格1,550円に対し付いた初値は4,500円と強い初値形成となりました。

しかも初値形成後はもみ合いながらもストップ高(5,200円)まで急騰となり、そのままストップ高での大引けとなりました。IPO株にご当選された方もIPOセカンダリに突撃された方も両者ともに利益の出るとても良い形のIPOとなりました。おめでとうございます。

そしてそんな中ではありますが、年のまとめということで、例年やっている個人的な1年間のIPO当選記録の公開となります。もちろんすべてマイルール通り初値売りしており、IPOセカンダリの損益なども一切入れておりません。

今年(2020年)はコロナ禍で3月から4月に掛けて上場中止や延期が相次ぐという過去に例の無い大変な年になりましたが、個人的なIPO成績は同一当選銘柄含む当選回数は23回、当選利益に至っては300万円超えと管理人のIPO歴15年の歴史の中でも歴代2位という好成績となりました。

ただ今年(2020年)はSBI証券IPOチャレンジポイントというチカラ技を2回利用しているので、純粋に当選かどうかと聞かれると微妙な感じかもしれません。まあでも店頭配分を当選と位置付けている方も多いので、IPOチャレンジポイント使用での当選は許容範囲でしょうか^^;

2020年のIPO個人当選データ!20銘柄のIPO当選損益はいくらに!?

2020年のIPO個人当選データ

IPO銘柄初値売却損益当選証券会社主幹事証券会社
カーブスホールディングス-8,000円SMBC日興証券三菱UFJ証券
日本インシュレーション辞退大和証券大和証券
リバーホールディングス辞退野村證券野村證券
ヴィス辞退大和証券大和証券
Macbee Planet辞退??証券SBI証券
Branding Engineer+243,000円SBI証券SBI証券
Branding Engineer+243,000円SBI証券SBI証券
日本情報クリエイト+91,000円野村證券野村證券
雪国まいたけ-10,000円SMBC日興証券SMBC日興証券
雪国まいたけ-10,000円SBI証券SMBC日興証券
トヨクモ+702,000円マネックス証券いちよし証券
まぐまぐ+259,000円SBI証券SBI証券
I-ne+36,000円SMBC日興証券SMBC日興証券
Retty+43,100円大和証券大和証券
アララ+168,000円SMBC日興証券SMBC日興証券
MITホールディングス+290,000円SBI証券SBI証券
MITホールディングス+290,000円岩井コスモ証券SBI証券
クリーマ×3+384,000円SBI証券SBI証券
プレイド+159,000円SBI証券みずほ証券
リベルタ+92,000円みずほ証券野村證券
ココペリ+201,000円大和証券大和証券
ポピンズホールディングス辞退大和証券大和証券
ウェルスナビ+57,500円大和証券SBI証券
合計+3,230,600円

上記金額に税金や手数料はまだ考慮していませんが、純粋に1年間で+3,230,600円という利益は嬉しいです。もちろん専業IPO投資家ということでこれが年収に繋がると考えると死活問題ですが、ちゃんと本業もあった上での利益なので本当にありがたいです。

上記当選銘柄の中でMITホールディングス(4016)とクリーマ(4017)がIPOチャレンジポイントを使用して当選したIPO銘柄となり、674,000円分あります。こうして改めて計算してみるとIPOチャレンジポイントのチカラは大きいと実感しますね。

その代わり長年貯めたかなり多くのポイントを使ってしまいました。しかも両社ともに1ポイント単価は1,000円すら超えていません。利益こそ出たものの残念過ぎますね。今年(2020年)はIPOチャレンジポイントの使い時も難しい年になったかと思います。

まだしっかり集計できておりませんが、下記記事にて管理人のこれまでのIPOチャレンジポイントを使用してのIPO当選実績を公開しています。まさにIPO投資を行っていてSBI証券に口座が無いのは機会損失というのは大げさでもなく言い得て妙かと思います。

それにしても3月~4月に掛けて公募割れ続出や上場中止及び上場延期などIPO市場の大崩壊を目の当たりにしているため、まさか最終的にこのような大きな利益を出せる展開になるとは当時は夢にも思いませんでした。利益の大小はあるもののIPO当選を頂けた証券会社には感謝しかありません。ありがとうございます。

一見すると主幹事でのIPO当選が多いように見えるかもしれませんが、よく見て頂くと平幹事でもIPO当選を頂いていることがおわかり頂けるかと思います。さすがに裏幹事(委託幹事)でのIPO当選はありませんでしたが、主幹事だけでなく平幹事からもしっかり申し込んでおくことで、当選回数を増やせることは間違いありません。なので個人的には面倒がらずに平幹事からも申し込まれることをオススメ致します。裏幹事(委託幹事)まではさすがに厳しいかもしれませんが^^;

そして特に個人的に今年(2020年)驚いたIPO当選3つあります。

まず1つ目はMacbee Planet(7095)のIPO当選です。結果的に辞退してしまったもののIPO当選した証券会社は口に出すのも恐ろしいほどの超レア証券。今のところ当選証券会社は伏せていますが、また機会があれば公開致します。

2つ目はいちよし証券主幹事でIPO当選は配分率改悪(10%→1%)で絶望的と考えていたトヨクモ(4058)のIPO当選です。もちろん主幹事のいちよし証券でのIPO当選ではなく、平幹事でしかも最下位証券となるマネックス証券でのIPO当選です。

3つ目はMITホールディングス(4016)のIPO当選です。IPO主幹事のSBI証券ではIPOチャレンジポイントを使用したチカラ技で100株GET。これはまあ普通ですが、驚いたのは平幹事でIPO歴15年にして初当選となる岩井コスモ証券でのIPO当選です。これまで管理画面にログインしていちいちIPO抽選結果確認をしていましたが、IPO当選時はメールが届くということも初めて知りました。

このように平幹事でしっかりIPO当選を頂いております。もちろん上記以外の他の銘柄でも平幹事から当選を頂いた銘柄もあります。IPO投資は小さなことでもコツコツと精神が必要かと思いますし、大げさかもしれませんが、努力は必ず報われます。もちろん当選を頂けたからこそ言えることなのですが^^;

今IPO市場は異様な盛り上がりを見せています。IPO参加者も増え、皆さんも年々IPO当選が厳しくなっていることを肌で実感しているかと思います。でも必ず誰かには当たります。IPOは宝くじと同じで申し込まなければ当選することもありません。バッターボックスに立たないとヒットもホームランも出ません。もちろん三振することの方が圧倒的に多いですが、無料でできる宝くじと考えれば参加しない手はありませんよね^^

何より管理人のような完全抽選派(店頭配分一切無し)でもやれることを面倒がらずにコツコツとしっかりやればこのように大きな利益を上げることができるというのも夢がありますよね。

大和証券グループのCONNECT(コネクト)でIPO取扱い開始!

CONNECT(コネクト)
2020年12月のIPO取扱い件数は10社で配分も1株ではなく100株だった!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加