Appier Group(4180)のIPO公募価格が決まり、IPO新規上場)抽選結果も後期抽選型の楽天証券以外はIPO主幹事となるSMBC日興証券みずほ証券BofA証券を中心に各証券会社から発表されているはずです。正直BofA証券だけはわかりません^^;

<Appier Group(4180)のIPO関連過去記事>
Appier Group(4180)IPO上場承認発表
Appier Group(4180)IPO(新規上場)初値予想

Appier Group(4180)のIPO主幹事は3社共同主幹事SMBC日興証券みずほ証券BofA証券で、個人的にSMBC日興証券は微力ながらもステージを上げていることや、IPO総株数もかなり多くあったことから、多少なりともIPO当選への期待度が高くなっていました。

しかしながらフタを開ければ国内募集株はわずか25.0%しかなく、残りの75.0%が海外投資家の手に渡ったことから、結果はSMBC日興証券では安定の「補欠という名の落選」でみずほ証券も普通に安定の「落選」となりました。BofA証券は口座を持っていません。

Appier Group(4180)のIPO補欠画像SMBC日興証券
Appier Group(4180)IPO補欠SMBC日興証券

Appier Group(4180)のIPO落選画像みずほ証券
Appier Group(4180)IPO落選みずほ証券

今年(2021年)は本当に厳しい年です。ちなみに個人的な今現在のIPO当選確率はとうとう1.0%を切ってしまいました><

Appier Group(4180)のIPO(新規上場)公募価格

このAppier Group(4180)のIPO公募価格はIPO仮条件(1,400円~1,600円)の最上限価格となる1,600円で決定しております。

公募株9,101,000株の国内海外販売分の内訳は国内が1,716,600株(18.9%)で海外は7,384,400株(81.1%)となっており、売り出し株9,531,200株の国内海外販売分の内訳は国内が2,203,000株(23.1%)で海外は7,328,200株(76.9%)となっております。オーバーアロットメント分984,700株を含めた総IPO株数19,616,900株に対する海外配分比率はおよそ75.0%となります。最近の海外配分比率は手厚いですね^^;

上場市場東証マザーズ
コード4180
名称Appier Group
公募株数9,101,000株
国内:2,697,400株1,716,600株
海外:6,403,600株7,384,400株
売出し株数9,531,200株
国内:2,203,000株
海外:7,328,200株
オーバーアロットメント984,700株
IPO主幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
BofA証券
IPO引受幹事証券野村證券前受け金不要
楽天証券100%完全抽選
SBI証券
UBS証券
IPO発表日2月24日(水)
上場日3月30日(火)
仮条件決定日3月12日(金)
ブック・ビルディング期間3月15日(月)~3月19日(金)
公開価格決定日3月22日(月)
IPO申し込み期間3月23日(火)~3月26日(金)
時価総額1,597.9億円
吸収金額313.8億円
想定価格1,400円
IPO仮条件価格1,400円~1,600円
公募価格1,600円(最上限価格決定)

Appier Group(4180)のIPO(新規上場)抽選結果

そして管理人のこのAppier Group(4180)のIPO抽選結果は以下の通りとなっております。

IPO幹事証券IPO抽選結果
SMBC日興証券主幹事補欠という名の落選
みずほ証券(主幹事落選
BofA証券(主幹事証券口座なし
野村證券前受け金不要落選
楽天証券100%完全抽選後期抽選型(3月25日発表)
SBI証券落選
UBS証券証券口座なし

まだ後期抽選型となる楽天証券のIPO抽選結果発表が残っていますが、ここまで国内配分が削られてしまうと厳しい結果となるでしょうね。

大和証券グループのCONNECT(コネクト)でIPO取扱い開始!

CONNECT(コネクト)
2020年12月のIPO取扱い件数は10社で配分も1株ではなく100株だった!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加