アミファ(7800)がIPO新規上場)承認発表されました。
本日は上場日は別日程で2社のIPO新規上場承認発表がありました。
もう1社のChatwork(4448)については後ほど別記事にてアップさせて頂きます。知名度的にはChatwork(4448)の方が高そうです。

アミファ(7800)の上場日は9月19日(木)で今のところは単独上場、上場市場はJASDAQスタンダード市場への上場となり、IPO主幹事はIPO申し込み時の前受け金が不要野村證券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

アミファ(7800)のIPO(新規上場)情報

設立:1973年10月20日
業種:その他製品
事業の内容:主にライフスタイル雑貨の企画・仕入・卸販売

アミファ(7800)IPO新規上場承認

上場市場JASDAQスタンダード
コード7800
名称アミファ
公募株数455,000株(自己株式の処分)
売出し株数500,000株
オーバーアロットメント143,200株
IPO主幹事証券野村證券
IPO引受幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
SBI証券
岡三オンライン証券(委託幹事)
上場日9月19日
仮条件決定日8月29日
ブック・ビルディング期間9月2日~9月6日
公開価格決定日9月9日
IPO申し込み期間9月10日~9月13日
想定価格620円(62,000円必要)

さらに上記をご覧の通りこのアミファ(7800)のIPO幹事団(シンジケート)の中には岡三証券の名前があるため岡三オンライン証券のIPO幹事入りも期待できそうですね^^

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 岡三オンライン証券公式サイト
岡三オンライン証券

アミファ(7800)のIPO(新規上場)事業内容等

アミファ(7800)はライフスタイル雑貨事業の単一セグメントで、ギフトラッピング、デザイン文具、キッチン・テーブルウェア、フラワー関連商品などを中心としたライフスタイル雑貨の企画・製造仕入・卸販売を主な事業内容とし、国内の100円ショップを主とした国内外の小売業者や卸売業者を販売先とした事業展開を行っています。

アミファ(7800)の事業系統図
アミファ(7800)IPO事業系統図

アミファ(7800)の商品ターゲットは主に女性で日用品や生活必需品など生活に無くてはならない商品ではなく、あると暮らしが楽しくなるいわゆる嗜好品が中心となり、取り扱い商品群は以下の通りとなります。

ワンプライス商品

最終消費者向けに均一価格ショップにて販売される商品群であり、100円ショップを中心とした国内外の小売業者、卸売業者を通じて消費者に提供するワンプライス商品
アミファ(7800)IPOワンプライス商品

フルール商品

ブリザードフラワーを中心に「アミファ・フルール」ブランドで取り扱っている花材、花器及びラッピング資材を主としたフルール商品
アミファ(7800)IPOフルール商品

OEM商品

販売先の委託に基づき生産される軽包装資材やディスプレイ・販促資材など主に商品メーカーや流通業者からの受注生産品、いわゆるOEM商品
アミファ(7800)IPOOEM商品

その他商品

上記に分類されない商品及び「エメルスタイル」ブランドで取り扱っているデザイン文具、キッチン・テーブルウェアなどのその他商品
アミファ(7800)IPOその他商品

アミファの企業理念
「We are smile producers!」この言葉を胸に、当社商品を使用していただくときのワクワク感、夢中になれるHAPPYな時間を通して、世界中の人々に笑顔になっていただくことをミッションとして、今後もより良い商品をお届けするために尽力してまいります。
(アミファの目論見書より抜粋)

アミファ(7800)のIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

アミファ(7800)の市場からの吸収金額はIPO想定価格620円としてオーバーアロットメント含め6.8億円と規模的にJASDAQスタンダード市場への上場としては小型サイズとなります。

軽量ではあるものの、事業内容はIPO市場では人気化しにくい卸売業でセクターは「その他製品」となっております。設立も1973年とおよそ46年の老舗企業と社会的信頼度は高いものの個人的な第一印象としてはかなり地味な印象であることは否めません。

株主構成としてはベンチャーキャピタルの保有株はなく、上位株主には解除価格無しで90日間のロックアップ、アミファ従業員持株会には180日間のロックアップが掛かっています。売り出し放出元は代表取締役社長の藤井愉三氏25万株と専務取締役の藤井俊行氏25万株となります。

アミファ(7800)は人気化しにくいIPO銘柄ではあるものの、IPO主幹事はマンモス野村で、かつ初値が需給主導で動くと考えると、よほどIPO地合いが悪くならない限りは小型IPOということも含めると、少なくとも需給面による公募割れの心配はほぼ無いでしょうか。

とりあえず現時点での管理人のこのアミファ(7800)のIPO参加スタンスは全力申し込みで問題ないかと考えています。

ただIPO主幹事は前受け金不要でIPO当選が狭き門で有名な野村證券。そして1単元が1,000円未満となるため200株1セットでの配分になる可能性が高く、さらに狭き門となりそうですが。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

<追記>
やはり岡三オンライン証券がこのアミファ(7800)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

アミファ(7800)のIPO取り扱い決定岡三オンライン証券
アミファ(7800)IPO岡三オンライン証券

アミファ(7800)のIPO(新規上場)業績等

アミファ(7800)のIPO経営指標
アミファ(7800)IPO経営指標

アミファ(7800)のIPO売上高及び経常利益
アミファ(7800)IPO売上高及び経常利益

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング