coly(4175)の第一弾初値予想がIPO想定価格ベース(3,930円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようなので、大手初値予想会社の初値予想や個人的な私見も含めたIPO初値予想及びIPO幹事団(シンジケート)の配分数紹介やIPO申し込み戦略などを考察してみたいと思います。

coly(4175)の上場日は2月26日(金)室町ケミカル(4885)2社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はみずほ証券となっております。

尚、このcoly(4175)のIPO申し込み期間は2月8日(月)~2月15日(月)となっておりますので、IPO申し込みを考えている方は特に別IPO3社とのIPO申し込み日にち被りがあるため、お忘れ、お間違いの無いようご注意下さい。

coly(4175)のIPO(新規上場)初値予想

coly(4175)のIPO(新規上場)初値予想

coly(4175)のIPO想定価格は3,930円となっているため、現時点では公募価格の1.3倍~2.0倍程度の初値形成になるのではないかとやや強めB級評価レベルの評価となっておりますが、個人的な評価については公開規模を考慮してやや弱めC級評価に設定させて頂いております。

このcoly(4175)のIPO仮条件は明日2月4日(木)に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

coly(4175)の事業内容はモバイルオンラインゲームの企画・開発・運営事業等ということでオンラインゲームはIPO市場ではまだまだ鉄板の人気業態となります。このcoly(4175)の更なる詳細な事業内容などについてお知りになりたい方はお手数ですが、下記のIPO新規上場発表時の記事をご覧下さい。

coly(4175)の公開規模はIPO想定価格ベース(3,930円)で59.9億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては中型サイズから大型サイズとなり荷もたれ感を感じる水準となります。そこそこの値ガサですが規模が大きめなためIPO株数も公募株及び売り出し株合わせて13,260枚と比較的多くあります。

上述の通りcoly(4175)の事業内容はオンラインゲームの企画・開発・運営でターゲットはほぼ女性というピンポイントの特定層。流行っているゲームがあるのか無いのかは不明ですが、業績が急拡大していることから、何かしら人気ゲームでもあるのでしょうかね。いずれにしても流行り廃りはあるもののIPO市場ではオンラインゲーム関連は人気業態となるため、初値は堅調にスタートすることが予想されます。

さらには代表取締役社長は東大卒の外資系証券会社上がりで代表取締役副社長は早稲田卒の産業経済新聞社上がりと高学歴高職歴の双子の姉妹経営ということから注目度も高く、早くも業界ではすでに話題になっているようです。

coly(4175)社長副社長双子姉妹

ベンチャーキャピタルの保有株は無く、ストックオプションすらもありません。株式は代表取締役社長、代表取締役副社長、取締役事業本部長の3名しか保有しておらず、その株式にはすべて解除価格無しで180日間のロックアップが掛かっているため、IPO新規上場)時はIPO株取得者以外からの売りが無いという点はかなりの安心材料となりますね。

個人的に公開規模がやや大きめであることからC級評価としていますが、もしかすると大手初値予想会社が出しているB級評価を素直に信じた方が良いレベルかもしれません。それなりの値ガサ株なので利益にしても損失にしても一撃が大きそうですね。いずれにしても管理人の個人的なこのcoly(4175)のIPO参加スタンスは当初の予定通り全力申し込みで行くつもりです。と、意気込んではいるもののIPO主幹事は相性最悪のみずほ証券です。IPO株取得は厳しそうですね><

coly(4175)のIPO(新規上場)幹事配分数

そして推定となりますがこのcoly(4175)のIPO株(公募株及び売り出し株)13,260枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
みずほ証券(主幹事11,669枚88.0%
野村證券前受け金不要1,326枚10.0%
SBI証券133枚1.0%
楽天証券100%完全抽選66枚0.5%
丸三証券66枚0.5%
マネックス証券委託幹事?枚?%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が1,989枚あります。

積極的にIPO株取得を狙いに行くのであればやはりIPO主幹事となるみずほ証券は引き受け株数的にも当たりにくいとはいえ外せません。せめて2番手にSBI証券100%完全抽選の証券会社でも入っていればまだ望みはあったかもしれませんが、SBI証券でも引き受け株は130枚程度、100%完全抽選楽天証券でも60枚程度、同じく100%完全抽選マネックス証券に至っては委託幹事(裏幹事)となるため、おそらく数枚程度となるでしょう。

やはりIPO主幹事がみずほ証券と聞くとすでに諦めモードに入ってしまいますが、申し込まないと当たることも無いというのがIPOなので、当選するしないは別としてとりあえずは申し込むしかないですね^^;

<追記>
coly(4175)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:3,930円
IPO仮条件:3,930円~4,130円

IPO想定価格が最下限となる強気なIPO仮条件設定となりました。そしてこの仮条件設定に伴い市場からの吸収金額は59.9億円~62.9億円となりました。

<追記>
coly(4175)の第二弾初値予想が発表されたようです。

6,000円~7,000円

IPO仮条件は強気な設定となりましたが、IPO初値予想第二弾はIPO初値予想第一弾よりも上限は下ブレで下限は上ブレとなる初値予想とレンジが狭くなっているようです。個人的な評価についてはC級評価からB級評価に格上げさせて頂き、IPO参加スタンスについては引き続き全力申し込みで変更無しと致します。

大和証券グループのCONNECT(コネクト)でIPO取扱い開始!

CONNECT(コネクト)
2020年12月のIPO取扱い件数は10社で配分も1株ではなく100株だった!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加