JDSC(4418)の第一弾初値予想がIPO想定価格ベース(1,620円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようなので、大手初値予想会社の初値予想や個人的な見解も含めたIPO初値予想及びIPO幹事団(シンジケート)の配分数紹介やIPO申し込み戦略などを考察してみたいと思います。

JDSC(4418)の上場日と申込期間

JDSC(4418)の上場日は12月20日(月)で、HYUGA PRIMARY CARE(7133)グローバルセキュリティエキスパート(4417)3社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はIPO愛好家人気の高い大和証券SBI証券の2社共同主幹事となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券

なお、このJDSC(4418)のIPO申し込み期間は12月3日(金)~12月9日(木)となっており、いよいよIPO申し込みラッシュ突入となっていますので、しっかり資金管理をしながら申し込み作業をする必要がありますので、ご注意下さい。

JDSC(4418)のIPO初値予想 第1弾

JDSC(4418)のIPO初値予想

JDSC(4418)のIPO想定価格は1,620円となっているため、現時点では公募価格の1.6倍~1.8倍程度の初値形成になるのではないかとやや強めB級評価レベルの第一弾初値予想となっており、個人的な初値評価についてもやや強めB級評価に設定させて頂いております。

このJDSC(4418)のIPO仮条件は週明け12月2日(木)に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に順次追記致します。

JDSC(4418)の事業内容

JDSC(4418)の事業内容はAIや機械学習等を活用したアルゴリズムモジュールの開発とライセンス提供事業及びITシステムの開発と運用事業ということで、AI(人工知能)を活用したソリューションの開発及び販売を行っている企業となります。

このJDSC(4418)の更なる詳細な事業内容などについてお知りになりたい方は、すでに下記のIPO新規上場発表時の記事に記載しておりますので、お手数ですがご覧頂けますと幸いです。

JDSC(4418)の簡易考察とIPO参加スタンス

JDSC(4418)の公開規模はIPO想定価格ベース(1,620円)で45.4億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては中型で、やや荷もたれ感を感じるサイズとなります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて24,400枚と比較的多めにありますが、海外投資家への販売もあります。

今回もこのJDSC(4418)のポジティブ材料ネガティブ材料をそれぞれ探ってみます。

まずポジティブ材料としては、やはり事業内容がIPO市場では人気化しやすいAI(人工知能)関連となる点が一番大きいでしょうか。しかも海外投資家への販売もあり、特にこういったAI(人工知能)関連SaaS関連は海外投資家人気も高く、業績もすでに黒字化していることから積極的な買いが入りそうです。大手五大証券がすべて主幹事含め幹事団(シンジケート)の中に入っているということも一定安心材料となりそうです。

逆にネガティブ材料としては東証マザーズ上場でIPO想定価格(1,620円)ベースで45.4億円というやや重めのサイズ感と、上場日が3社同日上場になることや、このあと襲ってくる連日のIPOラッシュ(消化試合)による警戒感から需給面での不安がある点でしょうか。

IPO銘柄公開規模上場市場主幹事証券
HYUGA PRIMARY CARE8.8億円東証マザーズみずほ証券
JDSC45.4億円東証マザーズ大和証券
グローバルセキュリティエキスパート19.1億円東証マザーズSMBC日興証券

とは言うものの、痩せても枯れてもAI(人工知能)関連はIPO市場では鉄板の人気業態です。海外投資家の人気度合いにも寄りますが、おおむね初値は堅調にスタートすることが予想されます。

よって管理人の個人的なこのJDSC(4418)のIPO参加スタンスは当初の予定通り引き続き全力申し込みで行く予定です。IPO主幹事は毎回比較的当選報告も多く、人気の高い2社共同主幹事大和証券SBI証券)となる点は嬉しいですね。

SBI証券IPOチャレンジポイントを使うという選択肢も考えましたが、やはり前代未聞のIPOラッシュとなり、動向が読めないということから、個人的には使用しないという選択となりそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券

海外投資家への配分は半数未満の制限がありませんので、海外人気が高ければ国内販売分が少なくなり、IPO当選は困難となります。逆に海外配分が少なければ人気が低かったという見方となり、初値が怪しくなるという微妙な環境ですね^^;

JDSC(4418)のIPO幹事配分数

そして推定となりますがこのJDSC(4418)のIPO株(公募株及び売り出し株)24,400枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て数が以下の通り発表されています。現時点では海外投資家への販売分は考慮しておりません。

証券会社IPO株配分数配分割合
大和証券主幹事19,277枚79.0%
SBI証券主幹事3,172枚13.0%
SMBC日興証券732枚3.0%
みずほ証券317枚1.3%
野村證券前受け金不要317枚1.3%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券244枚1.0%
マネックス証券100%完全抽選122枚0.5%
いちよし証券73枚0.3%
岩井コスモ証券73枚0.3%
岡三証券73枚0.3%
CONNECT(コネクト)委託幹事?枚?%
岡三オンライン証券委託幹事?枚?%
auカブコム証券委託幹事?枚?%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が3,660枚あります。

2社共同主幹事とはいえ、2番手のSBI証券は1番手の大和証券に比べると随分と差があります。ただ平幹事に比べると当然ながら多い数字となるため、積極的にIPO株を狙いに行くのであれば、やはりこの2社は外せません。その他証券会社は今後のIPO申し込み分の余力資金と相談しながらの参戦となりそうです。

JDSC(4418)のIPO仮条件決定

JDSC(4418)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,620円
IPO仮条件:1,620円~1,680円

IPO想定価格が最下限となる強気なIPO仮条件設定となりました。そしてこの仮条件設定に伴い市場からの吸収金額は45.4億円~47.1億円となりました。

JDSC(4418)のIPO(新規上場)初値予想 第2弾

JDSC(4418)の第二弾初値予想が発表されたようです。

2,000円~2,200円

IPO仮条件は強気な設定となりましたが、IPO初値予想第二弾はIPO初値予想第一弾よりも上限下限ともに下ブレとなる初値予想となっているようです。ただ個人的な評価についてはB級評価のままで変更無し、IPO参加スタンスについても引き続き積極的参加で変更はありません。

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加