マクアケ(4479)のIPO新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価格ベース(1,550円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようです。

マクアケ(4479)の上場日は12月11日(水)で12月上場の中でも貴重な単独上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はチャンス抽選などもあり、IPO愛好家には人気の高い大和証券となっております。ちなみにこのマクアケ(4479)のIPO申し込み期間は11月26日(火)~12月2日(月)ですので申し込みを考えている方はお忘れなく。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

マクアケ(4479)のIPO(新規上場)初値予想

マクアケ(4479)のIPO(新規上場)初値予想
マクアケ(4479)IPO初値予想

マクアケ(4479)のIPO想定価格は1,550円となっているため、現時点では公募価格の1.3~1.6倍程度の初値形成になるのではないかとやや弱めの初値予想となっており、個人的な評価についてもやや弱めC級評価に設定させて頂いております。

このマクアケ(4479)のIPO仮条件は明日11月25日(月)に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

マクアケ(4479)の事業内容はクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」の運営等ということで新規性もあり、テーマ性から成長期待も伺えます。詳細な事業内容などについてお知りになりたい方はお手数ですが、下記のIPO新規上場発表時の記事をご覧下さい。

マクアケ(4479)の業績はしっかり右肩上がりで推移しており、事業内容はクラウドファンディング事業と新規性もテーマ性もあり、成長期待もあります。元サッカー日本代表選手の本田圭佑氏が手掛けるファンド「KSK Angel Fund」も入っているため有名人銘柄として注目度も高そうです。

ただ株式会社サイバーエージェントが筆頭株主でマクアケ(4479)の親会社でもあるためIPO市場では毛嫌いされやすい親子上場ということになります。さらに東証マザーズ上場でIPO想定価格(1,550円)ベースで45.3億円という規模の大きさは荷もたれ感を感じるサイズで足を引っ張ることになりそうです。

しかしながらポジティブ材料が多く、簡単にまとめると上場日は単独上場で、かつ年末のIPOラッシュ前半戦ということもあり、まだ買い疲れは出ていない状況が予想され、積極的な買いが集まりそうです。上述の通り、事業内容はクラウドファンディング事業と新規性もテーマ性もあり、業績は堅調、有名人銘柄という点で注目度も高そうです。ロックアップが解除される1.5倍まではありそうな雰囲気ですね。


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

よって管理人の個人的なこのマクアケ(4479)のIPO参加スタンスは当初の予定通り全力申し込みで行こうと思います。IPO主幹事はチャンス抽選も含め個人的に相性の良い大和証券でIPO株数も公募株及び売り出し株合わせて25,450枚と比較的多いため、いつもよりはIPO当選期待が自然と高まってしまいます。期待すると裏切られるというのは十分承知していますが^^;

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

マクアケ(4479)のIPO(新規上場)幹事配分数

そして推定となりますがこのマクアケ(4479)のIPO株(公募株及び売り出し株)25,450枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社 IPO株配分数 配分割合
大和証券主幹事 22,907枚 90.0%
みずほ証券 1,018枚 4.0%
SBI証券 509枚 2.0%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 254枚 1.0%
SMBC日興証券 254枚 1.0%
マネックス証券100%完全抽選 254枚 1.0%
岩井コスモ証券 254枚 1.0%
ライブスター証券前受け金不要 ?枚 ?%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が3,817枚あります。

基本的にこのマクアケ(4479)のIPO株を本気で狙いに行くのであればIPO主幹事の大和証券からの申し込みは必須ですが、これだけIPO株数が多くあると平幹事でも申し込み甲斐がありますね^^

<追記>
マクアケ(4479)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,550円
IPO仮条件:1,500円~1,550円

IPO想定価格が最上限となる一般的なIPO仮条件設定となりました。一般的なIPO仮条件設定は久しぶりですね。そしてこの仮条件設定に伴い市場からの吸収金額は43.9億円~45.3億円となりました。

<追記>
IPO幹事団(シンジケート)となっていた三菱UFJモルガン・スタンレー証券でこのマクアケ(4479)のIPO取り扱い中止を発表しました。

マクアケ(4479)IPO三菱UFJモルガン・スタンレー証券中止

なぜここに来て取り扱いが中止になったのか少し気になりますね。

<追記>
まるで三菱UFJモルガン・スタンレー証券の代わりかのようにライブスター証券がこのマクアケ(4479)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで発表がありました。このライブスター証券はIPO申し込み時の前受け金不要です。

マクアケ(4479)のIPO取り扱い決定ライブスター証券
マクアケ(4479)IPOライブスター証券

<追記>
マクアケ(4479)の第二弾初値予想が発表されたようです。

2,000円~2,500円

IPO仮条件が一般的な設定となったことからか、IPO初値予想第二弾はIPO初値予想第一弾と同値となる初値予想となっているようです。個人的な評価についてはC級評価のままで変更無しとさせて頂きます。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のひとかぶIPO

SBIネオモバイル証券ネオモバ)が2019年11月30日(土)からIPO新規上場)の取り扱いをすることを発表致しました。これでまた新しくIPOに申し込める証券会社が増えたことになるので、管理人のような多数抽選派にとっては嬉しいですね。まだまだライバルが少ないため今がチャンスです。優遇抽選もありますよ。
sbineomobile-hitokabuipo

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記LINE@でしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。2019年末に有料級の情報を配信する計画もあります。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加