いよいよ待ちに待った2018年第一号IPOMマート(4380)のIPO(新規
上場)申し込みが本日(2月6日)からスタートしました。
IPO愛好家の皆さんはもちろんお忘れではありませんよね。

最後のIPO申込みはABホテル(6565)やオプティマスグループ(9268)
で昨年(2017年12月8日頃となるため、実に2カ月ぶりとなります。

<Mマート(4380)関連IPO過去記事>
Mマート(4380)IPO新規上場承認
Mマート(4380)のIPO(新規上場)初値予想

これだけ日が空いて久しぶりに証券会社にログインすると規約の確認
必要だったりするため、いつもより時間が掛かってしまうケースがある
ので余裕を持って行動した方が賢明だと思いますよ。

しかしせっかくの記念すべき2018年第一号IPOのスタートなのですが、
株式市場は米国を発端とした株安の連鎖で日本の株式市場にも痛手とな
っている状況です。すでに本日も厳しい展開となっており、直近IPOも
ですが、ほぼすべての銘柄が特売りスタートとなっていました。

当記事執筆時は1,000円超えの大幅安となっており22,000円も割り込んで
しまいました。

昨日の米国NYダウ平均株価は24,345.75ドル(前日比:-1,175.21ドル
2008年9月29日の世界的な金融危機の真っただ中だったときの過去最高
の下げ幅である-777.68ドルをも超える史上最大の下げ幅となっています。
場中には一時1,600ドル近い下げもあったようです。
個人的に保有株は一切何もありませんが、早く落ち着いてほしいですね。

米国NYダウ工業平均株価:24,345.75ドル(前日比:-1,175.21ドル

米国NYダウ工業平均株価 日足チャート(2018年2月5日)
米国NYダウ工業平均株価日足チャート2018.2.5

IPOは別世界とは言え、やはり気持ちの良い話ではありませんね。
とにかく今日から始まるMマート(4380)のIPOは予定通り、全力で
申し込みます。久しぶりなので気合十分です^^

さて今から申し込みでもするとします。
ちなみにMマート(4380)のIPOにインターネットから申し込み可能な
証券会社は以下の通りです。

<IPO主幹事証券>
・みずほ証券

<IPO引受幹事証券>
・大和証券
SMBC日興証券
・岡三証券
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券(委託幹事)

資金力に不安のある方はIPO主幹事であるみずほ証券とIPO申し込み時
の前受け金が不要の岡三オンライン証券と落選してもIPOチャレンジポイ
ントがもらえるSBI証券を優先されると良いかと思います。

あとまた仮想通貨関連の情報ですが、コインチェック事件の犯行が北の
犯行の可能性があるとのウワサも韓国から出て来ているようですね。
韓国の取引所もどことは明記されていませんでしたが北にハッキングさ
れたとか。真相はどうなのでしょう。続報を待ちます。

<追記>
本日の日経平均株価は前日比-1,071.84円大幅続落となりました。
場中は一時1,600円安の場面もあり、非常に悪い流れとなっています。

この悪い流れの中で明日(2月7日)はCREロジスティクスファンド投資
法人(3487)の上場日となります。リートIPOなので実質的な第一号
IPOとは言いにくいですが、厳しいスタートとなるかもしれませんね。
某初値予想会社はすでに公募割れ予想となっているようです。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiseccp2018.3.30

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2018.3.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.3.31