先週末IPO新規上場)したQDレーザ(6613)が、先週末のSBI証券PTS夜間取引)でも大商いで一時900円超えまで行く場面もあったのでまさかとは思いましたが、本日はストップ高(920円)となりました。

管理人は初値(797円)で500株買い、週末持ち越すのはイヤなどと意地を張り、信用で買った株式をわざわざ現引きしてまでPTS夜間取引)の820円で売却しています。実に50,000円の機会損失ですね。相変わらずの下手くそっぷりです><

QDレーザ(6613)IPOPTS売却2021.2.5

ただ管理人も意外と負けず嫌いで「木を見て森を見ず」ということわざを思い出しQDレーザ(6613)が活況になることや日経平均爆上げで大型株に資金が流れると、逆に12月IPOの中でもこれまで盛り上げ役となってくれていた銘柄から資金が逃げると考えバルミューダ(6612)とENECHANGE(4169)に的を絞り、SBI証券HYPER空売りを仕掛けました。少しでも取り戻してやる精神です^^;

HYPER空売りの詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券

実は上記理由以外にもあえてこの2社を選んだことや空売り突撃したことにはまた別の理由もあるのですが、またそのあたりは機会があればお話させて頂きたいと思います。まだ検証段階ですが証明するという意味で、もう少し下に今年(2021年)のHYPER空売りの取引結果の画像貼っておきます。

12月IPO2社HYPER空売り2021.2.8

実際のところもっと下げるかと思っていたのですが、結局QDレーザ(6613)がストップ高張り付きとなったことから資金の行き場が無かったのかもしれません。始値からほぼ大引け近くまで保有して25,860円という利益しかなかったので、機会損失分の50,000円を取り戻すまでには至りませんでしたが、心は取り戻せたので不思議と悔しさはありません。そもそもQDレーザ(6613)については自分の判断ミスと言うかマイルールで週末持ち越しはしないというルールがあったので仕方のない対処でしたので。

ちなみに今年(2021年)は年初からこのHYPER空売りが絶好調でほぼ負け無しなんです。これはオープンチャットでも申し上げているのですが、なんとなくぼんやりとですが自分の中で「ハイカラ突撃ルール」的なものが出来上がりつつあるような気がしています。なので勝てる試合しかやらないので回数は少ないです。

買いは家まで売りは命まで」という格言がある通り、空売りはハイリスクと考えていらっしゃる方もいるので積極的にオススメできる投資法ではないですが。

2021年HYPER空売り損益2021.2.4

間の白く塗りつぶしているところは損しているから塗りつぶしているのではなく、12月IPO銘柄以外の銘柄での取引なので隠しています。損している銘柄は抽出してないだけと言われてしまえばそれまでかもしれませんが、譲渡損益項目の画像を丸々キャプチャしているので、技術的にそれはできないと思います。

そもそもそんなに大きな利益でもないのでわざわざ改ざんする理由もありませんし、疑う余地も無いと思うのですけどね^^;

昨年(2020年)末にSBI証券は2021年1月15日付けでIPO新規公開株)の配分率を変更すると発表がありました。その中に「適合性の原則による配分10%」という項目が追加されています。これはおそらくは「手数料落とし」であると考えられます。

このHYPER空売りのHYPER料は普通の取引手数料と比べてもかなりお高めです。特にバルミューダ(6612)なんて今日は21.9円(100株で2,190円)でしたが、ずーっと30円超えだったので。だからと言って上には上がいるということはもちろん重々承知の上ですが、手数料無料枠なども拡充されている中でもあるので、ほんの少しでも「適合性の原則による配分10%」の部分で優位に立てれば良いかと思っています。

ということで今日もIPO新規上場承認発表が無かったため、付け焼き刃的な記事となってしまいました。例年ならもう3月のIPOラッシュに向けたIPO新規上場承認発表が連日出て来てもおかしくない時期なのですけどね。

記事見返すと完全にQDレーザ(6613)のストップ高が悔しくて書いている感じになっていますが、ホントに悔しさは無いですよ。IPOセカンダリ参戦は戦略はもちろん、勘と度胸も必要なので勘が働かなくて度胸が無かっただけのことですので。

大和証券グループのCONNECT(コネクト)でIPO取扱い開始!

CONNECT(コネクト)
2020年12月のIPO取扱い件数は10社で配分も1株ではなく100株だった!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加