Green Earth Institute(9212)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日(11月19日)IPO新規上場承認発表された8社のうちの2社目のIPO案件となります。Green Earth Instituteと書いて「グリーン アース インスティテュート」と読みます。舌を噛みそうな社名ですね。

IPO新規上場承認発表8社2021.11.19

すでに8社中の1社となるタカヨシ(9259)については下記記事にてご紹介させて頂いておりますが、残り6社のニフティライフスタイル(4262)CS-C(9258)エフ・コード(9211)サスメド(4263)長栄(2993)アジアクエスト(4261)についてはまた後ほど別記事にてご紹介させて頂きます。

Green Earth Institute(9212)の上場日は12月24日(金)で、タカヨシ(9259)とニフティライフスタイル(4262)とCS-C(9258)とエフ・コード(9211)とサスメド(4263)と長栄(2993)と前代未聞の7社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事は可もなく不可もなくのみずほ証券となっております。

Green Earth Institute(9212)のIPO(新規上場)情報

設立:2011年9月1日
業種:サービス業
事業の内容:バイオリファイナリー技術を活用した、グリーン化学品の開発及び事業化

Green Earth Institute(9212)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード9212
名称Green Earth Institute
公募株数940,000株
売出し株数2,900,200株
オーバーアロットメント576,000株
IPO主幹事証券みずほ証券
IPO引受幹事証券大和証券
SBI証券
SMBC日興証券
ちばぎん証券
CONNECT(コネクト)委託幹事
マネックス証券委託幹事
IPO発表日11月19日(金)
上場日12月24日(金)
仮条件決定日12月6日(月)
ブック・ビルディング期間12月8日(水)~12月14日(火)
公開価格決定日12月15日(水)
IPO申し込み期間12月16日(木)~12月21日(火)
時価総額106.6億円
吸収金額46.8億円
想定価格1,060円(106,000円必要)

売出株式2,900,200株のうちの一部は欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)の海外投資家にも販売(半数未満)される予定となっており、国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日12月15日(水)に決定されます。

そしてこのGreen Earth Institute(9212)のIPO幹事団(シンジケート)の中には大和証券が入っているため、グループ会社となるCONNECT(コネクト)IPO委託幹事(裏幹事)入りがほぼ確定となります。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
CONNECT468_60

Green Earth Institute(9212)のIPO(新規上場)事業内容等

Green Earth Institute(9212)は、コリネ型細菌という微生物を活用した高効率な発酵技術(バイオプロセス)をコア技術とする技術開発型ベンチャーで、現在石油を原料として生産されている化学品を農業残渣や食品残渣等のバイオマス由来のものに転換、又は従来バイオマスより生産されている製品につき、より効率的な生産方法に代替していく技術により、石油を使わず、バイオマスから化学品を作る「バイオエコノミー」と資源の循環により持続的な社会を作る「サーキュラーエコノミー」の両方を同時に実現しています。

Green Earth Institute(9212)IPOバイオリファイナリー技術

従来の発酵法によるバイオマスからの化学品の生産は、微生物の生命活動(増殖)を利用し、その生命活動のための多段階の酵素反応(代謝)の過程で生成される物質を得るものであり、微生物の分裂増殖に依存して生産を行います。そのため増殖のためのエネルギー、場所、時間を必要とし、石油等の非バイオマスからの化学反応による生産と比較して生産性が大幅に低く、経済的な障壁となっていましたが、増殖非依存型バイオプロセスは、微生物(コリネ型細菌)が増殖できない酸素抑制条件において、増殖をしないものの代謝活性を高く維持するという特徴に着目し、増殖をさせずに代謝のみを行わせることにより、低コストで高い生産性を発揮する独創的な発酵法であります。

Green Earth Institute(9212)IPO増殖非依存型バイオプロセス

【手取金の使途】
手取概算額898,688千円については第三者割当増資の手取概算額上限561,715千円と合わせた、手取概算額合計上限1,460,403千円については、設備投資資金及び運転資金に充当する予定であります。
なお、上記調達資金については、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
(Green Earth InstituteのIPO目論見書より一部抜粋)

Green Earth Institute(9212)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

Green Earth Institute(9212)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,060円としてオーバーアロットメント含め46.8億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては中型で、やや荷もたれ感を感じるサイズとなります。IPO株数も公募株及び売り出し株合わせて38,402枚と比較的多めにありますが、海外投資家への販売もあります。

上述の通りGreen Earth Institute(9212)の事業内容はバイオリファイナリー技術を活用した、グリーン化学品の開発及び事業化ということで、バイオマス(植物等)を原料として、グリーン化学品やバイオ燃料を製造する技術を提供するバイオベンチャーとなります。

公益財団法人地球環境産業技術研究機構(通称:RITE)発のバイオベンチャーで、Green Earth Institute(9212)が有する「バイオリファイナリー技術バイオマスを化学品に変換する技術)」は脱炭素化・資源循環型社会において、人と自然の共生による地球資源の再生と地球環境の保全に貢献できる化学品生産技術・プロセス技術として期待されているようです。

Green Earth Institute(9212)IPOバイオマスを化学品に変換する技術

Green Earth Institute(9212)はバイオベンチャーということで、今回のIPO新規上場)に際する募集株の内訳は公募株940,000株に対して売り出し株2,900,200株で売り出し比率3.0倍、その売り出し株の放出元のほとんど(2,511,700株)がベンチャーキャピタル投資ファンド)となることから、一定出口(イグジット)感があります。オファリング・レシオもオーバーアロットメント含めておよそ48.4%となかなかの危険水準です。

さらに事実なので何度も定型文のように申し上げますが、12月の第4週目は空前のIPOラッシュという名の消化試合です。20日(月)は3社同日上場、21日(火)は4社同日上場、22日(水)は6社同日上場、23日(木)は5社同日上場、そしてこのGreen Earth Institute(9212)の上場日となる24日(金)は7社同日上場とおそらく悪い意味で史上初、今のところこの5営業日で計25社を消化する形です。

ベンチャーキャピタル投資ファンド)の保有株がどっさり(200万株近く)残り、業績は赤字続きで、IPO想定価格(1,060円)ベースで46.8億円という荷もたれ感のあるサイズ、海外投資家への配分があるとはいえ、半数未満の制限付きで、この手の業態で海外人気が高くなるとは思えません。これまた初値評価はD級評価といったところが妥当評価になりそうです。

よって現時点での管理人の個人的なこのGreen Earth Institute(9212)のIPO参加スタンスはスルーの方向で考えています。もうIPO市場に資金が入りまくりといったようによほどIPO地合いが回復していない限りはSBI証券IPOチャレンジポイントだけをしっかり頂いて終了となる可能性が高いです。

それと余計なお世話かもしれませんが、公式サイトは集客サイトではなく企業紹介サイトとはいえ、今はもう当たり前となっている「SSL化(暗号化通信)」ぐらいはしておいた方が良いと思います。せっかく良い企業なのにもったいないです。久しぶりにこの「保護されていない通信」という表示を見掛けたような気がします。

Green Earth Institute(9212)IPOURL非SSL化

Green Earth Institute(9212)のIPO(新規上場)業績等

Green Earth Institute(9212)のIPO経営指標
Green Earth Institute(9212)IPO経営指標

Green Earth Institute(9212)のIPO売上高及び経常損失
Green Earth Institute(9212)IPO売上高及び経常損失

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加