長栄(2993)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。先週末(11月19日)IPO新規上場承認発表された8社のうちの7社目のIPO案件となります。まだ増える可能性はあるかもしれませんが、これでひとまず12月24日(金)上場分7社のIPO紹介記事は完了です。

IPO新規上場承認発表8社2021.11.19

すでに8社中の6社となるタカヨシ(9259)とGreen Earth Institute(9212)とニフティライフスタイル(4262)とCS-C(9258)とエフ・コード(9211)とサスメド(4263)については下記記事にてご紹介させて頂いておりますが、残り1社のアジアクエスト(4261)についてはまた後ほど別記事にてご紹介させて頂きます。

長栄(2993)の上場日は12月24日(金)で、タカヨシ(9259)とGreen Earth Institute(9212)とニフティライフスタイル(4262)とCS-C(9258)とエフ・コード(9211)とサスメド(4263)と前代未聞の7社同日上場、上場市場はIPO市場では不人気市場となる東証二部市場への上場で、IPO主幹事はIPO愛好家人気の高いSMBC日興証券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト
SMBC日興証券IPO
口座開設後3カ月間はブロンズステージでIPO当選確率アップ!

長栄(2993)のIPO(新規上場)情報

設立:1988年4月5日
業種:不動産業
事業の内容:不動産管理事業及び不動産賃貸事業

長栄(2993)IPO上場承認

上場市場東証二部
コード2993
名称長栄
公募株数653,000株(新株式発行)
127,000株(自己株式の処分)
売出し株数300,000株
オーバーアロットメント162,000株
IPO主幹事証券SMBC日興証券
IPO引受幹事証券大和証券
みずほ証券
岡三証券
SBI証券
楽天証券100%完全抽選
松井証券前受け金不要
西村証券
CONNECT(コネクト)委託幹事
岡三オンライン証券委託幹事
IPO発表日11月19日(金)
上場日12月24日(金)
仮条件決定日12月8日(水)
ブック・ビルディング期間12月9日(木)~12月15日(水)
公開価格決定日12月16日(木)
IPO申し込み期間12月17日(金)~12月22日(水)
時価総額84.4億円
吸収金額23.4億円
想定価格1,890円(189,000円必要)

そしてこの長栄(2993)のIPO幹事団(シンジケート)の中には大和証券岡三証券が入っているため、それぞれグループ会社となるCONNECT(コネクト)岡三オンライン証券IPO委託幹事(裏幹事)入りとなる可能性が高いです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
CONNECT468_60

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 岡三オンライン証券公式サイト
岡三オンライン証券
当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

長栄(2993)のIPO(新規上場)事業内容等

長栄(2993)はグループ会社で、株式会社長栄及び子会社3社(長栄ビルサービス株式会社グリーン保証株式会社アリーズ一般社団法人)で構成されており「不動産管理事業」及び「不動産賃貸事業」を営んでおります。京都府・滋賀県・大阪府・兵庫県・愛知県・東京都・神奈川県で事業を展開しており、2021年10月31日現在の管理戸数は25,173戸で、このうち自社物件戸数は4,609戸です。店舗数は管理センター23ヶ所、賃貸仲介センター2ヶ所、マンスリーマンションの受付センター2ヶ所、ホテルが1ヶ所となっております。

長栄(2993)IPO会社概要

不動産管理事業

不動産管理事業は、マンションオーナーの安定した賃貸経営に資するべく、入居者管理はもとより、ビルメンテナンス、売買仲介、賃貸仲介(リーシング)及びリフォーム工事などの賃貸経営に必要なサービスを提供しております。
長栄(2993)IPO不動産管理事業

不動産賃貸事業

不動産賃貸事業は、不動産管理事業で得たノウハウを活かし、比較的築年数が古い物件であっても家賃水準を高く維持するための改修や設備入替を実施しつつ、スケールメリットによる維持管理コストの低減を図ることで収益力の増大を図っております。
長栄(2993)IPO不動産賃貸事業


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

【手取金の使途】
差引手取概算額1,343,264千円については、機動的な物件取得を図るため賃貸用不動産の取得資金に1,083,264千円(2022年3月期:100,000千円、2023年3月期:500,000千円、2024年3月期:483,264千円)を、財務基盤の強化に向けて長期借入金の返済に260,000千円(2023年3月期:260,000千円)を充当予定であります。
また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
(長栄のIPO目論見書より一部抜粋)

長栄(2993)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

長栄(2993)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,890円としてオーバーアロットメント含め23.4億円と規模的に東証二部市場への上場としては最近の傾向から見ると中型サイズとなり、やや荷もたれ感を感じる水準となります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて10,800枚と多くもなく少なくもなくといったところです。

上述の通り長栄(2993)の事業内容は不動産管理事業及び不動産賃貸事業ということで、これといった特徴もなく非常にシンプルな事業内容、不動産事業はIPO市場では不人気セクターとなります。唯一不動産とテクノロジーを掛け合わせた「不動産テック」だけが不動産セクターの中でも別腹ということになるのですが、残念ながらその「不動産テック」でもありません。

Bellevie Club(ベルヴィ クラブ)」という会員制クラブで会員向けのサービスや入居者向けにイベントやキャンペーンなど長栄独自のサービスを行っており、他社との差別化を図ってはいるものの、レオパレス21(8848)など他大手不動産会社でも同様のサービスがあるため、それほど特別感はありません。

長栄(2993)IPO独自サービス

先日IPO新規上場承認発表された網屋(4258)の件があったので漢字社名(長栄)でもと、少しは期待しましたが、やはり東証二部上場案件ということで、フタを開ければおおむね予想通りの地味案件でした。

長栄(2993)の上場日となる12月24日(金)7社同日上場で、それはもう仕方がないとして、そのうち6社が東証マザーズ市場への上場となり、唯一この長栄(2993)だけが東証二部市場への上場となります。地味市場の地味案件となることから埋没リスクが高く、IPO的には危険度の高い案件となりそうです。初値評価はE級評価と言いたいところですが、それはあまりに時期尚早かと思いますので、ひとまずD級評価とさせて頂きます。

よってとりあえず現時点での管理人の個人的なこの長栄(2993)のIPO参加スタンスはよほどの好材料でも出て来ない限りはスルーとなる可能性が高いです。ただIPO幹事団(シンジケート)の中にはSBI証券が入っているので最低限IPOチャレンジポイントだけはしっかり頂きます。

長栄(2993)のIPO(新規上場)業績等

長栄(2993)のIPO経営指標
長栄(2993)IPO経営指標

長栄(2993)のIPO売上高及び経常利益
長栄(2993)IPO売上高及び経常利益

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加