ミクリード(7687)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日IPO新規上場承認発表のあった2社のうちのもう1社です。もう1社のリグア(7090)についてはすでに下記記事でご紹介させて頂いております。

ミクリード(7687)の上場日は3月16日(月)で、今のところは単独上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はみずほ証券となっております。

ミクリード(7687)のIPO(新規上場)情報

設立:2012年11月30日
業種:卸売業
事業の内容:飲食店向け業務用食材等の企画・販売

ミクリード(7687)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード7687
名称ミクリード
公募株数50,000株
売出し株数882,000株
オーバーアロットメント139,800株
IPO主幹事証券みずほ証券
IPO引受幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券100%完全抽選
岡三証券
エース証券
auカブコム証券委託幹事
岡三オンライン証券委託幹事
上場日3月16日
仮条件決定日2月25日
ブック・ビルディング期間2月27日~3月4日
公開価格決定日3月5日
IPO申し込み期間3月6日~3月11日
吸収金額9.5億円
想定価格890円(89,000円必要)

そして上記をご覧の通りこのミクリード(7687)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券岡三証券も入っていることから、auカブコム証券岡三オンライン証券のIPO幹事入りも期待できそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト
auカブコム証券

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 岡三オンライン証券公式サイト
岡三オンライン証券

ミクリード(7687)のIPO(新規上場)事業内容等

ミクリード(7687)は個人経営の居酒屋をはじめとした中小飲食店は、人手が不足する中で仕入・調理・接客・決済など多様な仕事に対応しなければならず、一つ一つの仕事の手間を削減したいというニーズが生じていることから、個人経営の居酒屋をメインとした中小飲食店への業務用食材の通信販売を主な事業としており、業務用食材通販事業の単一セグメントとなります。

ミクリード(7687)IPO事業系統図

ミクリード(7687)は肉・魚・野菜・串・揚物・デザートなどおよそ4,000点の商品を即日出荷できる体制を敷いており、すべて見積り不要の統一価格で発注することが可能で、一部地域を除いて翌日には店舗へ届きます。

ミクリード(7687)IPO商品サービス

飲食店は土・日・祝日でも営業しているため、ミクリード(7687)は365日受注・出荷ができる販売体制を敷いています。また飲食店が閉店後に足りない食材を発注できるよう、受注センターも深夜2時まで電話にて注文や問い合わせを受け付ける体制をとっており、受注に関してはWEBやFAXでも注文することができるため、24時間いつでも注文可能となっています。

ミクリード(7687)IPO販売体制

【手取金の使途】
手取概算額37,940千円に第三者割当増資の手取概算額上限 114,468千円を合わせた手取概算額合計上限152,408千円 について、1.ECサイトの機能・魅力度を高めるシステム開発100,000千円(支出時期は2021年3月に50,000千円、2022年3月に50,000千円を予定)。2.1にて機能・魅力度が高まったECサイトへの訪問数を増やすためのWEB広告費用31,408千円(支出時期は2022年3月期に16,000千円、2023年3月期に15,408千円を予定)。3.IT組織強化のための採用費・人件費21,000千円(支出時期は2021年3月期に7,000千円、2022年3月期に7,000千円、2023年3月期に7,000千円を予定)にそれぞれ充当する予定であります。なお、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
(ミクリードのIPO目論見書より一部抜粋)

ミクリード(7687)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

ミクリード(7687)の市場からの吸収金額はIPO想定価格890円としてオーバーアロットメント含め9.5億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては小型サイズなります。

公募株50,000株に対して売り出し株882,000株とおよそ17倍ほどの売り出し比率となりますが、売り出し放出元は親会社となる株式会社SKYグループホールディングス及び国分グループ本社株式会社の保有株の一部となるため出口(イグジット)案件ではありません。

下記沿革を見ると2007年にカクヤス(7686)がミクリード(7687)の株式100%を取得し、2008年にカクヤス(7686)がミクリード(7687)を吸収合併。2012年には株式会社ミクリードを再設立し、カクヤス(7686)より吸収分割にて事業承継。2016年にカクヤスのグループ再編によりSKYグループホールディングスが親会社になっています。ある意味カクヤス(7686)とは兄弟みたいな感じですね。

ミクリード(7687)IPO沿革

カクヤス(7686)と言えばまだ記憶に新しいのではないでしょうか。昨年(2019年)12月23日に東証二部に上場し、酒類・食品等の料飲店および一般個人向け販売と地味な業種で、過密スケジュールということもあり、公募割れも囁かれていましたが、結果は公募価格1,600円に対し、初値は1,866円と堅調にスタートしています。

ミクリード(7687)の株主にベンチャーキャピタルの保有株は無く、筆頭株主はもちろんSKYグループホールディングスです。今回のIPO新規上場)で保有株1,020,000株のうちの499,800株を売り出しで放出致します。残りの株式や他の既存の上位株主には解除価格無しで180日間のロックアップが掛かっています。

業種は不人気セクターとなる卸売業となりますが、公開規模は東証マザーズ上場で9.5億円と小型なことから需給面での不安はなく、初値は堅調にスタートするものと思われます。よって管理人の個人的なこのミクリード(7687)のIPO参加スタンスは全力申し込みで行く予定で考えています。

<追記>
やはりauカブコム証券がこのミクリード(7687)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

ミクリード(7687)のIPO取り扱い決定auカブコム証券
ミクリード(7687)IPOauカブコム証券

<追記>
やはり岡三オンライン証券もこのミクリード(7687)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

ミクリード(7687)のIPO取り扱い決定岡三オンライン証券
ミクリード(7687)IPO岡三オンライン証券

ミクリード(7687)のIPO(新規上場)業績等

ミクリード(7687)のIPO経営指標
ミクリード(7687)IPO経営指標

ミクリード(7687)のIPO売上高及び経常利益
ミクリード(7687)IPO売上高及び経常利益

会員登録だけでAmazonギフト券1,000円分プレゼント!

人気の会員登録だけでAmazonギフト券1,000円分プレゼントキャンペーンです。
SAMURAI証券Amazonギフト券1000円

FUNDINNO

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加