フリー(4478)のIPO新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価格ベース(1,660円~1,940円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようです。

フリー(4478)の上場日は12月17日(火)ウィルズ(4482)2社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券及びメリルリンチ日本証券3社共同主幹事となっております。ちなみにこのフリー(4478)のIPO申し込み期間は12月3日(火)~12月6日(金)ですので申し込みを考えている方はお忘れなく。

フリー(4478)のIPO(新規上場)初値予想

フリー(4478)のIPO(新規上場)初値予想
フリー(4478)IPO初値予想

フリー(4478)のIPO想定価格は1,660円~1,940円となっているため、現時点では公募割れ~公募同値の初値形成になるのではないかと弱めで微妙な初値予想となっており、個人的な評価についても公募割れも視野に入れた弱めD級評価に設定させて頂いております。

このフリー(4478)のIPO仮条件は来週12月2日(月)に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

フリー(4478)の事業内容はスモールビジネス向けクラウドERPサービスの提供ということでネット関連銘柄となるため業態としての人気は高めかと思います。詳細な事業内容などについてお知りになりたい方はお手数ですが、下記のIPO新規上場発表時の記事をご覧下さい。

フリー(4478)の公開規模はIPO想定価格(1,660円~1,940円)ベースで308.1億円~360.1億円と東証マザーズ市場への上場としては大型でかなり荷もたれ感を感じるサイズとなります。

このフリー(4478)は12月最大のIPOで、かねてから上場観測のあった企業ということもあり、各投資家及び証券会社からの注目度はかなり高いようです。一応は12月一番の目玉IPOという位置付けにもなっております。そのことからか証券会社の営業も一番目立っているように感じます。先入観かもですが、証券会社の営業が多い銘柄は最悪な結果になる傾向が多いように感じます。

それにしても例年IPOラッシュになり、確実に手取り金が少なくなってしまうこの時期になぜ上場するのか、させるのか、不思議でなりません。まあ何かしら大人の都合というものがあるのでしょうが。

フリー(4478)のIPO株は海外へも販売される予定となっています。公募株及び売り出し株の海外への配分比率が58%程度ある点はそれなりに強気材料となりそうですが、ただ所詮は赤字上場出口(イグジット)案件ということで投資家からの警戒感は根強く残りそうですけどね。

さらに先日ランサーズ(4484)のIPO仮条件設定がIPO想定価格900円に対してIPO仮条件が660円~730円と大幅に下ブレ設定となったことから、IPO仮条件に幅を持たせているとはいえ、このフリー(4478)もIPO仮条件下ブレとなるかもしれませんね。仮に下ブレ設定となった場合はやはりディスカウントというよりはネガティブ視される可能性が高いです。

よって管理人の個人的なこのフリー(4478)のIPO参加スタンスはスルーの方向で行こうと思います。ただしSBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで、IPO申し込み時の前受け金が不要の野村證券松井証券は運試しで参加してみようと思います。もし当選したらその時に考えます^^;

フリー(4478)のIPO(新規上場)幹事配分数

そして推定となりますがこのフリー(4478)のIPO株(公募株及び売り出し株)72,650枚(国内募集分)のIPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事31,675枚43.6%
大和証券主幹事26,154枚36.0%
メリルリンチ日本証券(主幹事1,453枚2.0%
SBI証券7,265枚10.0%
野村證券前受け金不要3,349枚4.61%
みずほ証券1,235枚1.7%
岩井コスモ証券217枚0.3%
東洋証券217枚0.3%
楽天証券100%完全抽選217枚0.3%
いちよし証券(前受け金不要124枚0.17%
エース証券124枚0.17%
ちばぎん証券124枚0.17%
東海東京証券124枚0.17%
松井証券前受け金不要124枚0.17%
丸三証券124枚0.17%
水戸証券124枚0.17%
auカブコム証券(委託幹事?枚?%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が10,897枚あります。

大型IPOなだけにIPO幹事団(シンジケート)も多いですね。もし全力で申し込む予定の方はそれだけでかなりのエネルギーを使いそうです。

気を付けないといけないのはこのフリー(4478)のIPO主幹事である三菱UFJモルガン・スタンレー証券は個人に優しいため、かなり高い確率で当選しそうです。ですが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は当選後のキャンセルはペナルティがあるため慎重に判断してからの申し込みが必要ですのでお気を付け下さい。

<追記>
フリー(4478)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,660円~1,940円
IPO仮条件:1,800円~2,000円

意外にもIPO想定価格よりも強気なIPO仮条件設定となりました。下ブレすると思っていたので、本当に意外です。IPO参加スタンスを再考する必要がありそうです。大手初値予想会社の見解がどのようになるのか楽しみですね。そしてこの仮条件設定に伴い市場からの吸収金額は334.1億円~371.3億円となりました。

<追記>
フリー(4478)の第二弾初値予想が発表されたようです。

2,000円~2,200円

IPO仮条件が強気な設定となったことからか、IPO初値予想第二弾はIPO初値予想第一弾よりも上限下限ともに上ブレとなる初値予想となっているようです。個人的な評価についてはD級評価のままで変更無しとさせて頂きます。IPO参加スタンスも引き続き基本的にはスルーの方向で行きます。

会員登録だけでAmazonギフト券1,000円分プレゼント!

久しぶりに来ました!
人気の会員登録だけでAmazonギフト券1,000円分プレゼントキャンペーンです。
SAMURAI証券Amazonギフト券1000円

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記LINE@でしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。2019年末に有料級の情報を配信する計画もあります。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加