THECOO(4255)の第一弾初値予想がIPO想定価格ベース(7,180円)ですが、大手初値予想会社より発表されたようなので、大手初値予想会社の初値予想や個人的な見解も含めたIPO初値予想及びIPO幹事団(シンジケート)の配分数紹介やIPO申し込み戦略などを考察してみたいと思います。

THECOO(4255)の上場日とIPO申込期間

THECOO(4255)の上場日は12月22日(水)で、サインド(4256)Finatextホールディングス(4419)サクシード(9256)網屋(4258)リニューアブル・ジャパン(9522)6社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はみずほ証券大和証券の2社共同主幹事となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

なお、このTHECOO(4255)のIPO申し込み期間は12月6日(月)~12月10日(金)となっており、IPO申し込みラッシュ期間のほぼど真ん中となっていますので、しっかり資金管理をしながら申し込み作業をする必要があるため、値ガサ株ということも含めて資金の割り振りにご注意下さい。

THECOO(4255)のIPO(新規上場)初値予想 第1弾

THECOO(4255)のIPO(新規上場)初値予想

THECOO(4255)のIPO想定価格は7,180円となっているため、現時点では公募価格とほぼ同値~1.4倍程度の初値形成になるのではないかと弱めD級評価レベルの第一弾初値予想となっており、個人的な初値評価についても弱めD級評価に設定させて頂いております。

このTHECOO(4255)のIPO仮条件は今週末12月3日(金)に決定する予定となっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについてはいつも通り追加情報が入り次第、当記事の下部に順次追記致します。

THECOO(4255)の事業内容

THECOO(4255)の事業内容はファンコミュニティプラットフォーム運営事業、インフルエンサーマーケティング事業及びオンライン広告事業ということで、会員制ファンコミュニティアプリやインフルエンサープランニング及び分析ツールの提供、インフルエンサー事務所の運営などを行っております。

このTHECOO(4255)の更なる詳細な事業内容などについてお知りになりたい方は、すでに下記のIPO新規上場発表時の記事に記載しておりますので、お手数ですがご覧頂けますと幸いです。

THECOO(4255)のブルベア要素とIPO参加スタンス

THECOO(4255)の公開規模はIPO想定価格ベース(7,180円)で41.3億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては中型で、やや荷もたれ感を感じるサイズとなります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて5,007枚と比較的少なめとなりますが、海外投資家への販売もあります。

今回もこのTHECOO(4255)のポジティブ材料ネガティブ材料をそれぞれ考察してみます。

まずポジティブ材料としては旬な業態で収益は赤字続きであるものの、サブスクモデル(月額課金)で売り上げは右肩上がりで伸びています。ベンチャーキャピタルの保有株もありますが、90日間のロックアップが掛かっており、公開価格の1.5倍以上となれば解除されますが、初値形成後でなないと売却できないタイプとなっているため、上場時の余計な売り圧力にはなりません。海外販売もあるため、海外人気次第では初値は小じっかりとなるでしょうか。

IPO銘柄公開規模上場市場主幹事証券
サインド45.3億円東証マザーズ野村證券
Finatextホールディングス229.5億円東証マザーズ大和証券
THECOO41.3億円東証マザーズみずほ証券他
サクシード12.5億円東証マザーズSBI証券
網屋23.3億円東証マザーズ岡三証券
リニューアブル・ジャパン90.4億円東証マザーズSMBC日興証券

ネガティブ材料としては東証マザーズ上場で公開規模41.3億円と荷もたれ感のあるサイズ、上場日は12月22日(水)で驚異の6社同日上場、前日(21日)は4社同日上場で翌日(23日)は5社同日上場、この週はわずか5営業日で25社上場という度が過ぎるほどの過密スケジュール、資金分散の影響や買い疲れが確実に出る中で7,180円718,000円)という値ガサっぷり、さすがに需給面は厳しいでしょうか。

新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」という得体の知れない変異株も出てきているため、上場日までまだ1カ月近くあるものの、少なくとも今現在は市場が不安定となっています。不安定なままで上場日を迎えるかもしれませんし、落ち着いているかもしれません。この時期の値ガサとあって判断が難しいところです。

よって現時点での管理人の個人的なこのTHECOO(4255)のIPO参加スタンスは基本的にスルーで、IPOチャレンジポイント狙いでのSBI証券からのみの参加と致します。後述しますが、とりあえず申し込んでおいて当選してから考えるというプランもあると思いますが、それさえも面倒なほど他にもIPOがいくらでもあるため、このプランも無しです。

THECOO(4255)のIPO幹事配分数

そして推定となりますがこのTHECOO(4255)のIPO株(公募株及び売り出し株)5,007枚IPO引き受け幹事団(シンジケ-ト)への割り当て数が以下の通り発表されています。

証券会社IPO株配分数配分割合
みずほ証券(主幹事2,704枚54.0%
大和証券主幹事1,753枚35.0%
野村證券前受け金不要250枚5.0%
いちよし証券100枚2.0%
SBI証券50枚1.0%
マネックス証券100%完全抽選25枚0.5%
楽天証券100%完全抽選25枚0.5%
松井証券前受け金不要25枚0.5%
東洋証券25枚0.5%
極東証券25枚0.5%
あかつき証券25枚0.5%
CONNECT(コネクト)委託幹事?枚?%
SBIネオトレード証券委託幹事?枚?%

上記とは別でOA(オーバーアロットメント)分が751枚あります。

幸いにもIPO主幹事の2社(みずほ証券大和証券)は銘柄ごとに資金拘束されるタイプではなく、一番価格の高いIPO案件分の余力があれば他のIPO銘柄の抽選もしてくれるタイプとなるため、他IPO銘柄での当選及び補欠当選が無いことが前提となりますが、基本的にIPO想定価格ベース(7,180円)で計算すると718,000円預けておけば抽選してくれるという点は銘柄ごとに資金拘束される証券会社(SMBC日興証券マネックス証券など)よりはまだマシでしょうか。

さらに2社ともにIPO当選後のキャンセルペナルティも無いため、とりあえず申し込みだけしておいて、実際に当選してから購入するかどうかを考えるという作戦も可能です。表に出ていないだけで、実は裏でペナルティがあるなどの話が持ち出されることもありますが、そんなものはありません。

THECOO(4255)のIPO仮条件決定

THECOO(4255)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:7,180円
IPO仮条件:7,000円~7,200円

IPO想定価格がほぼ最上限となる一般的なIPO仮条件設定となりました。何度見ても値ガサですね。そしてこの仮条件設定に伴い市場からの吸収金額は40.3億円~41.4億円となりました。

THECOO(4255)のIPO(新規上場)初値予想 第2弾

THECOO(4255)の第二弾初値予想が発表されたようです。

7,000円~7,500円

IPO仮条件が一般的な設定となったことからか、IPO初値予想第二弾はIPO初値予想第一弾よりも下限はそのままで上限のみ大幅な下ブレとなる初値予想となっているようです。個人的な評価についてはD級評価のままで変更無し、IPO参加スタンスについても引き続きスルーと致します。

当ブログ限定!現金4,000円プレゼントキャンペーン!

linesec_1000
LINE証券と現金4,000円がもらえるタイアップキャンペーン開催!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加