今年(2019年)前半戦のIPO社数全26社でした。
このIPOの中に東証リートや東証インフラファンドへのIPO分は入れてお
りません。あくまでも株式のIPOのみとなりますことをご了承下さい。

この26社のうち初値が公募価格を下回ったのはわずか1社であとの残り25
についてはすべて公募価格を上回るという優秀な成績でした。

しかしIPOというのはいつも初値天井となりやすく、初値後も堅調に推移
しているIPO銘柄は例年わずかしかありません。
しかし今年(2019年)はどうでしょう。

ということで、いくらIPO市場が活性化しているときでもこの事実は変わ
らないのかどうか今年(2019年)IPOを果たした26社の現在の株価を基に
調べてみました。現在価格は2019年4月26日大引け時点の株価です。

2019年IPO前半戦株価推移

IPO銘柄公募価格初値価格現在価格
トビラシステムズ2,400円5,420円5,600円
グッドスピード1,400円1,750円1,550円
ハウテレビジョン1,210円3,745円3,240円
ヴィッツ2,650円6,100円5,890円
東名3,290円4,205円2,900円
Welby5,200円18,030円15,930円
エードット1,110円2,453円3,150円
NATTY SWANKY3,270円3,930円3,105円
日本ホスピスHD1,000円1,466円2,297円
フレアス1,850円4,045円3,235円
gooddaysHD2,280円5,200円3,750円
ギークス1,930円2,900円4,220円
コプロ・HD2,090円2,395円1,907円
ミンカブ1,050円1,400円1,105円
KHC850円832円680円
共栄セキュリティーS2,100円2,866円2,655円
カオナビ1,980円3,970円6,040円
エヌ・シー・エヌ800円1,214円956円
サーバーワークス4,780円18,000円17,100円
ダイコー通産1,540円1,732円1,610円
日本国土開発500円624円751円
スマレジ1,370円3,225円3,225円
フロンティアInt’l2,410円2,715円2,568円
東海ソフト1,500円2,872円2,085円
リックソフト4,000円9,050円15,500円
識学1,800円4,550円6,110円

現在の株価が公募価格も初値価格も上回っているIPOは9社(赤字で表記)
現在の株価が公募価格も初値価格も下回っているIPOは4社(緑字で表記)
残りの13社のIPOについては鳴かず飛ばずとなっています。

大化けしたIPOはありませんが個人的には例年に比べると今年(2019年)
のIPOの現在の株価推移の印象としてはかなりマシな方かと思います。

さらに初値価格は下回っているものの公募価格は上回っているというIPO
に至っては22社となっており、かなり優秀な成績であることが伺えます。

IPOセカンダリという目線から見るとやや微妙な感じですが、基本的に
初値は高騰しやすいということからIPO地合いは強く、まだまだIPO人気
は高く健在で、抽選での公募株取得は今後も困難となりそうです。

平成最後のIPOも終わり、次からはいよいよ新元号「令和」でのスタート
となります。前半戦は個人的にもIPO当選には恵まれず惨憺たる結果でし
たが、後半戦はどうかIPOの女神様が降臨してくれることを願います。

IPOスケジュールに関してはサイトトップに記載していますが、上場後は
削除しています。それ以前のIPO銘柄の動向をなどをご確認されたい方は
以下よりIPOスケジュール一覧表(2019年度版)をご覧下さい。
IPOスケジュール一覧表(2019年度版)

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.4.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.6.30