★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証1部 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証1部 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D→C
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C→B
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C→B
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

マネックス証券のIPO抽選方式は100%完全抽選!

すでにIPO投資を始められている方はご存知の方も多いと思いますが、証券
会社の中でも抽選割合が異なります。10%抽選の証券会社もあれば100%完全
抽選の証券会社もあります。

もちろん管理人のように裁量配分(店頭から営業マン経由での申し込み)狙
いでなく、抽選狙いでIPOをGETしようと思えば100%完全抽選の証券会社の
口座は必須となります。

中でもやはり年間引き受け幹事回数の多さや東証のIPO幹事認定を受けている
マネックス証券の証券口座はあった方が良いでしょう。

正直申し上げて頻繁に当選するかと聞かれれば、お世辞にも頻繁に当選すると
申し上げることはできません^^;

しかしIPO当選というのはもちろん運に左右される部分が多いですが、個人的
には相性の問題もあると思っています。

私のブログの読者様の中には10年以上IPO投資をしているが一度もSBI証券
当選したことが無いとおっしゃる方もいらっしゃいましたが、逆に管理人の
これまでのSBI証券での当選回数は21回あります。

もちろんこの当選回数の中にはSBI証券特有のIPOチャレンジポイントを使用
して当選したこともありますが、純粋に抽選枠で当選したこともあります。
このように運や相性の問題は大いにあると思っています。

そして私のこのマネックス証券との相性はと言いますと、残念ながら過去の
当選回数は5回とこれまたお世辞にも相性が良いとは言えません。

最後の当選は2015年3月ヒューマンウェブ(3224)という銘柄です。
ヒューマンウェブ(3224)IPO(新規上場)当選(過去記事)

ヒューマンウェブ(3224)IPO当選画像マネックス証券
humanweb当選
※上記画像はクリックで拡大します。

ちなみにこのヒューマンウェブ(3224)のIPOは以下の通りです。

IPO公募価格:1,800円(100株)
IPO初値価格:2,010円(100株)
初値売却益:+21,000円

個人的には相性の良い方ではありませんが、知人は何度も当選しております
し、中には数百万円の利益を出した伝説のIPOの配分を受けたこともあると
言って、日ごろから相性の良さを私に言ってきます^^;

しかも現実的にもIPO主幹事で引き受け株数の10%を抽選に回す証券会社と
IPO平幹事でも100%を完全抽選に回す証券会社を比べれば後者の方が当選
確率が高くなることもよくあるのですよね。あとは相性の問題?

どちらにしてもこれからもIPO投資を行っていくのであればマネックス証券
の証券口座は必須ということになります。

もしまだこのマネックス証券に証券口座をお持ちで無ければ、ぜひこのお盆
休みを利用して口座開設されてみてはいかがでしょうか。

今なら新規口座開設キャンペーンも開催中なのでお得に口座開設をして頂く
こともできますよ^^
キャンペーン期間:2017年8月1日(火)~2017年10月31日(火)

詳細や口座開設はコチラ ⇒ マネックス証券公式サイト
monexcp2017.10.31

ちなみに昨日(8月9日)現在で発表されている下記IPO2社
UUUM(3990)
エスユーエス(6554)
のIPO引き受け幹事にも入っています。

 

2 Responses to “マネックス証券のIPO抽選方式は100%完全抽選!”

  1. 麻垣康三 より:

    ①滅多に当選しない「マネックスでのIPO当選」に期待して、普通のマネックス口座のまま、にしておくのと、
    ②マネックスの「トレードステーション口座」にする(普通の口座に比べて売買手数料が格安。しかし、IPO申込みは不可)のと、
    管理人さんは、どちらを選択されますか?
    セカンダリがメインなら、間違いなく、後者に軍配が上がりそうですが…

    私自身は最近、マネックスでのIPO当選狙いは、「期待料という名の機会費用を捨ててるだけ」のような気がしてます。これ捨てより、トレステの方が、ましかも。

    • 西 和仁 より:

      こんにちは、麻垣さん。

      私は基本的に株式取引はSBI証券を使用しているため
      マネックス証券は通常口座を利用しています。手数料
      よりもPTS取引ができるという観点からの選択です。

      確かにIPOという観点で見れば100%完全抽選であっても
      倍率が高いことは間違いありません。

      それでもやはりIPO投資にチカラを入れている以上は
      限りなく低い確率でも可能性があるならという意味で
      私はマネックス証券からもしっかり申し込んでいます。

      知り合いは結構当たっているのですけどね^^;

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ