★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証1部 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証1部 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D→C
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C→B
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C→B
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

IPOが古くなる!?日本でもCOMSA(コムサ)で簡単にICO参加が可能に!

日本でもCOMSA(コムサ)で簡単にICO参加が可能になります。
先日の記事で数か月前から密かに仮想通貨(ビットコインなど)取引
しているという記事を書きましたところ数名の方からご連絡を下さり、
すでに個別でお返事をさせて頂きました。

一部の方はご興味をお持ちなんだなぁと実感致しました。
そして今回はまた仮想通貨市場について面白い情報が入ってきたので
まずは簡単にですが共有させて頂きたいと思います。

すでに仮想通貨市場に手を出されている方ならご存知の方も多いと思い
ますが、これまで海外サイトで募集などがありましたが、英語が苦手な
方はなかなか手を出しにくかったICOが日本語でも可能になるようです。
管理人も何度かチャレンジしようと試みましたがやはり英語が苦手でく
しくも途中で断念してしいました。

ICOIPOと一文字違いで単語が似ておりますが、実は中身も似たもの
で、ICO新規仮想通貨公開という意味合いで、簡単に言いますとIPO
株の新規公開のことで対してICO仮想通貨の新規公開となります。

COMSA(コムサ)のICOの仕組み(英語ですけど^^;)
COMSA仕組み
※上記画像はクリックで拡大します。

これまでいくつものICOを見てきましたが、3倍~10倍になる仮想通貨
も見かけましたし、中には500倍になった仮想通貨もありました。
勝率もおおむね9割以上で数倍に騰がっているこのICOを日本でも手に
入れることができるとなると嬉しいですね。

仮想通貨人口自体がまだまだ少ない中で、さらに少ないICO市場は密か
に隠れた明るい未来を感じてしまいます^^

そのICOテックビューロCOMSA(コムサ)というプラットフォー
ムを立ち上げて支援するサービスを10月にも始める予定となっています。
これがもちろん英語ではなく日本語なんです。

COMSA

そしてそのCOMSA(コムサ)第一号案件としてテックビューロ自体
10月ICOを予定していますが、このICOは第一号案件ということでも
おそらく日本でもかなり話題になると思われます。

すでに東証二部上場で家庭用飲料水宅配事業を行っているプレミアム
ウォーターホールディングス(2588)
やクラウドファンディング大手
CAMPFIREなどもこのCOMSA(コムサ)を利用してICOを実施する
などと、第一号案件テックビューロに続いて第二号案件第三号案件
も出てきているようです。

これもご存知の方はご存知だと思いますが、このニュースを受けプレ
ミアムウォーターホールディングス(2588)はストップ高となってい
ます。残念ながら管理人はこの恩恵を受けれていませんが^^;

ICOは企業が証券会社などを通さず資金を調達できる上に金利や配当
も支払う必要もないため、新しい資金調達法としては前代未聞ですが
今後はこういった資金調達法が活発になっていくかもしれません。

COMSA(コムサ)の3つのソリューション(重要)
COMSAの3つのソリューション
※上記画像はクリックで拡大します。

すでにこのCOMSA(コムサ)事前登録が始まっています。
いずれにしてもこの情報化社会。情報は早いに越したことはありません。
個人的には早い段階で情報を入手するためにも、今のうちにトークン
セールに登録しておかれた方が良いと思います。

トークンセールの登録はコチラ ⇒ COMSA(コムサ)

上記リンクからのご登録で登録及び紹介コードの発行が可能です。
もちろんご登録は無料です。

ちなみに登録は簡単でメールアドレスとご自分のお好きなパスワード
を入力するだけです。当然ですが管理人はすでに登録済みです^^
登録したメールアドレスパスワードはしっかり覚えておきましょう。

今回のこのCOMSAコムサ)のICOの件は日本経済新聞でもしっかりと
取り上げられています。
仮想通貨で資金調達テックビューロが支援サービス

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ