★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
10/25
10/10-10/16
東証M 9262
シルバーライフ
2,400円
2,300-2,500円
B
10/25
10/10-10/16
東証M 3484
テンポイノベーション
3,000円
3,000-3,100円
C→B→A
10/26
10/10-10/16
東証M 3995
SKIYAKI
3,400円
3,200-3,400円
B→A
10/31
10/16-10/20
東証2部 7196
Casa
2,270円
2,060-2,270円
D
11/15
10/27-11/2
JQS 7808
シー・エス・ランバー
1,480円
-円
C
11/21
11/2-11/9
東証M 3996
サインポスト
2,200円
-円
A

IPO公募株と売り出し株の違い

今日は公開株数の内訳である公募株売り出し株
ついて少し書いてみようと思います。

IPOの公開株数の内訳にはそれぞれ「公募」と「売り出し」
というものがあります。見た事ありますよね。

そしてこの「公募」と「売り出し」のそれぞれの数も初値予想の
指標の一つ
になります。

それぞれの用語を簡単に説明しますと・・・

公募株とは?
株式を新規に発行して市場から資金を調達する事。

売り出し株とは?
特定の株主が既に保有している株式を市場に出す事。

・・・という事です。

そしてもっとわかりやすく、イメージで言いますと、あくまでも
IPOという観点からですが、

・公募株 = 良い株(ポジティブ要因)
・売り出し株 = 悪い株(ネガティブ要因)

という感じです。
あくまでもIPOで捉えたときのイメージですよ^^;

かなり極端で乱暴な表現かもしれませんが、わかりやすいように
表現するとこんな感じです。

公開株数の内訳も初値予想には重要な指標になりますので
ぜひ今後のIPO申し込みの参考にしてみて下さいね。

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ