★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
6/15
5/29-6/2
東証M 3986
ビーブレイクシステムズ
1,380円
1,550-1,670円
A
6/20
6/1-6/7
JQS 6549
DMソリューションズ
2,170円
-円
A
6/21
6/2-6/8
札幌A 3987
エコモット
2,500円
-円
A
6/27
6/8-6/14
東証M 6550
Fringe81
2,070円
-円
A
6/30
6/14-6/20
東証M 6551
ツナグ・ソリューションズ
1,970円
-円
B
6/30
6/14-6/20
JQS 3988
SYSホールディングス
2,560円
-円
A

IPO投資で見逃してはいけない100%完全抽選の証券会社

基本的には下記のネット証券となります。

⇒ マネックス証券(100%完全抽選)
⇒ SBI証券

が、実はまだ有力なところが残っているんです^^

それは楽天証券です。
意表を突きましたか?^^

あまり表には出てこない裏方幹事のイメージがありますが、意外と
穴場なのです。なんせ楽天証券のIPO抽選は100%完全抽選ですから。

私のような抽選派にとっては大助かりな証券会社なんです^^

年間の幹事数は決して多いとは言えませんが、それでもIPO投資には
欠かせない証券会社の一つだと思います。

とにかくIPO投資をするには私のような抽選派は当選確率を少しでも
上げるために証券会社の数が勝負になってきます。

ただ、楽天証券はステージ制となっているためステージによって当選
確率が変わってくるというのが残念なところです。
こればかりは証券会社独自の考え方なので仕方ありません^^;

楽天証券IPOカテゴリ

残念ながら私のメイン証券会社は楽天証券ではないため、ほとんど
トレードをしていないのでIPOカテゴリはIPOレギュラーで当選確率
は一番低い1倍です><

取引ツールのマーケットスピードはよく使わせて頂いてます。
結構使えるツールだと思ってるんですけどね^^

しかし!!

それでも実は私は過去に楽天証券で当選した実績があるのです!
もちろん、何度も申し上げますがIPOレギュラー(1倍)です。

ベクトル

結構な人気銘柄でしたがIPOが右肩下がり時代だったので、初値は
思うようにはいきませんでした><

公募価格1,000円に対して初値価格は1,160円16,000円の微益
と厳しい結果となってしまいました。
それこそ今、上場していればおそらく数倍になっていたでしょう。

それでも、おわかり頂けたと思いますがIPOレギュラーの1倍でさえ
100%完全抽選なので当選することもあるんです。

今後出てくるIPOのために今のうちから準備されておいてはいかが
でしょうか。ちょうど口座開設キャンペーンもやっていますし^^

口座開設はこちら ⇒ 楽天証券

楽天証券cp

最新のIPO情報は右側のIPO新着記事で確認して下さい。
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ