★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

東海東京証券IPO
東海東京証券は4月IPO東名(4439)とヴィッツ(4440)のIPO主幹事です

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

松井証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン
SMBC日興証券はフレアス(7062)とWelby(4438)のIPO主幹事です

SBI証券タイアッププログラム

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
3/20
3/5-3/11
東証M 7060
ギークス
1,930円
1,800-1,930円
B
3/25
3/7-3/13
東証M 4437
gooddaysHD
2,280円
2,000-2,280円
B
3/28
3/11-3/15
東証M 7062
フレアス
1,550円
1,650-1,850円
B
3/28
3/11-3/15
東証M 7061
日本ホスピスHD
780円
840-1,000円
D
3/28
3/12-3/18
東証M 7674
NATTY SWANKY
3,270円
3,140-3,270円
C
3/29
3/12-3/18
東証M 7063
エードット
1,010円
1,010-1,110円
A
3/29
3/13-3/19
東証M 4438
Welby
3,660円
4,750-5,200円
A→S
4/3
3/18-3/25
東証M
名証セ
4439
東名
3,290円
3,130-3,290円
C→B
4/8
3/20-3/27
東証M 4440
ヴィッツ
2,260円
2,260-2,650円
A

昨年(2018年)もSBI証券にはIPOでお世話になりました!

2016年2017年に続き昨年(2018年)もIPOではSBI証券にお世話にな
ってしまいました。まさか3年連続SBI証券にお世話になる記事を書く
とは思いもしませんでした^^;

<2016年及び2017年のSBI証券でのIPO当選記事>
2016年のIPOはSBI証券からの当選がダントツで多かった
2017年もSBI証券にはIPOでお世話になっています

個人的に昨年(2018年)は例年になく、IPO当選から見放される結果と
なってしまいましたが、そんな中でも当選回数自体は多くはないものの
管理人の中では一番IPO利益を増やしてくれることとなりました。

2018年のIPO個人当選データ(過去記事)

上記の過去記事を見て下さいますとおわかり頂けると思いますが、昨年
2018年)の管理人のIPO当選回数はわずか13銘柄と不甲斐ない結果で
す。さらにこの少ない中には公募割れ銘柄3銘柄も含んでいます><

IPO当選回数が少なくても高騰したIPOに当選したり、大幅公募割れ銘
柄を引いていなければもう少し利益は伸ばせたかと思いますが、最終的
な昨年(2018年)の利益も+1,784,000円とおよそ6年ぶりの低水準です。

しかし少ないながらも管理人のIPO利益のかさ上げをしてくれたのが、
このSBI証券です。12月にはIPO人生最大の公募割れ銘柄を引き当ててし
まったものの、それを相殺してくれたのもこのSBI証券です。

とは言うもののSBI証券でのIPO当選回数は多いわけではありません。
わずか2回です。ですがこの2回のIPO利益は実に904,000円あります。
2018年の総利益が1,784,000円だったのでなんと半分以上なのです。
そのSBI証券で当選した2銘柄は以下の通りです。

エーアイ(4388) 2018年6月27日上場

エーアイ(4388)IPO当選

公募価格:1,000円200株当選)
初値価格:3,500円
初値売却益:+500,000円
IPOチャレンジポイント:使用(ポイント数は非公開)
IPOチャレンジポイントの1ポイントの単価価値:約1,500円

リンク(4428)IPO当選 2018年12月25日上場

リンク(4428)IPO当選

公募価格:3,580円100株当選)
初値価格:7,620円
初値売却益:+404,000円
IPOチャレンジポイント:未使用

上記をご覧の通り、1回目当選のエーアイ(4388)のIPO当選について
IPOチャレンジポイントを使用しての当選です。管理人はいつも使う
タイミングが下手くそで1ポイント当たりの単価がこんな感じです^^;

ですが、IPOチャレンジポイントさえしっかり貯めていればポイント
単価どうのこうのを抜きにしても数年に一度は数十万円の利益をもた
らしてくれるというありがたいシステムです。

いつも申し上げていますが、IPO投資をしていてSBI証券に口座が無く
IPOチャレンジポイントを貯めていない方は本当に機会損失です。
IPO投資をされている方はSBI証券に口座が無いだけで機会損失

そして2回目のIPO当選はリンク(4428)で、このリンク(4428)に
ついてはIPOチャレンジポイントを使用しての当選ではありません。
完全な運によるラッキーなIPO当選です。

しかも公募割れ銘柄を3銘柄も引き当ててしまった12月の当選だったの
で本当に嬉しかったです。IPO地合いが最悪な状況でしたが、大健闘し
てくれたおかげで初値売りで+404,000円の利益になりました。
しかもNISA口座なので税金も掛かっていません。

12月に引き当ててしまった公募割れ銘柄の合計損失が314,500円となっ
ていたため相殺どころか89,500円プラスとなってくれました。

このように結局は昨年(2018年)もこのSBI証券にはおおいにお世話
になってしまいました。本当にありがとうございます。
できれば今年(2019年)もよろしくお願い致します^^

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム
当ブログ限定!タイアッププログラム開催中!

IPO投資を行うならこのSBI証券の口座は間違いなく必須ですよ。

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO取り扱いスタート

2019年2月1日(金)よりIPOの取り扱いが決まりました。
前受け金不要完全平等抽選

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

仮想通貨取引所

コインチェック

このページの先頭へ