★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
9/26
9/8-9/14
JQS 7809
壽屋
1,980円
1,980-2,000円
C
9/28
9/11-9/15
東証M 3482
ロードスターキャピタル
1,820円
1,640-1,820円
C
9/29
9/12-9/15
東証M 6697
テックポイント・インク
650円
620-650円
B→C
9/29
9/12-9/19
東証 9260
西本WismettacHD
5,250円
4,500-5,250円
D
9/29
9/13-9/20
東証M 3994
マネーフォワード
1,330円
1,350-1,550円
D→C
10/5
9/19-9/25
東証M 6556
ウェルビー
2,580円
2,400-2,580円
D
10/5
9/19-9/25
JQS 4124
大阪油化工業
1,830円
1,830-1,860円
D
10/5
9/20-9/26
東証M 6555
MS&Consulting
1,280円
1,150-1,280円
D
10/25
10/10-10/16
東証M 9262
シルバーライフ
2,400円
-円
C
10/25
10/10-10/16
東証M 3484
テンポイノベーション
3,000円
-円
C
10/26
10/10-10/16
東証M 3995
SKIYAKI
3,400円
-円
B

エコモット(3987)IPO【新規上場承認】

エコモット(3987)がIPO新規上場承認発表されました。
上場日は6月21日(水)で今のところは単独上場、上場市場は久しぶりの
札幌証券取引所アンビシャス市場への上場で、IPO主幹事岡三証券
なっております。

IPO主幹事が岡三証券ということは岡三オンライン証券IPO裏幹事
託幹事)となる可能性にも期待したいところですね。

当ブログ限定!新規口座開設タイアップキャンペーン開催中!
okasan-onlinecp2017.6.30

ちなみに先日IPO発表のあったディーエムソリューションズ(6549)
IPO裏幹事委託幹事)として岡三オンライン証券が入りました^^

札幌証券取引所アンビシャス市場への上場は今年2月にIPO(新規上場)
を果たしたフュージョン(3977)以来となります。
しかもそのフュージョン(3977)のIPO主幹事も岡三証券でした。

ちなみにそのフュージョン(3977)のIPO詳細は以下の通りです。
フュージョン(3977)IPO新規上場承認(過去記事)
IPO想定価格:1,000円
IPO仮条件:1,000円~1,140円
IPO公募価格:1,140円
IPO初値価格:2,872円
IPO初値売却益:+173,200円
吸収金額:1.8億円→4.5億円

エコモット(3987)のIPO情報

設立:2007年2月19日
業種:情報・通信業
事業の内容:IoTインテグレーション事業(IoTソリューションの企画
及びこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発
並びにクラウドサービスの運用・保守に関する業務)

エコモット(3987)IPO新規上場承認

上場市場 札証アンビシャス
コード 3987
名称 エコモット
公募株数 12,000株
売出株数 150,000株
OA 24,000株
主幹事証券 岡三証券
引受幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
上光証券
松井証券
SMBCフレンド証券
エイチ・エス証券
上場日 6/21
仮条件決定日 5/31
BB期間 6/2~6/8
公募価格決定日 6/9
申込期間 6/13~6/16
想定発行価格 2,500円(250,000円必要)

エコモット(3987)のIPOSMBC日興証券からIPO申し込みする際は
下記の取り扱い注意事項があるのでご注意下さい。

エコモット(3987)SMBC日興証券のIPO取り扱い注意事項
エコモット(3987)SMBC日興証券IPO注意事項
※上記画像はクリックで拡大します。

エコモット(3987)のIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

市場からの吸収金額はIPO想定価格2,500円としてOA含め4.6億円
規模的に札証アンビシャスIPOとしては荷もたれ感がある感じですね。

ただこのエコモット(3987)の事業内容はIoT及びクラウドサービス
事業ということで業績も右肩上がりで推移しており、IPO的には人気化
しやすいネット関連の中でもドストライク的な銘柄と言え、上場日が
重ならなければこれまた初値は高騰する可能性は高いです。

IPO株数はOA含めて1,860枚と少ないため希少価値はありますが、公募
株(120枚)に対して売り出し株(1,500枚)が多いという点は気になり
上記でも述べましたように札証アンビシャスIPOとしては荷もたれ感
も否めませんが、現時点での管理人のこのエコモット(3987)のIPO参
加スタンスは全力申し込みでいく予定です。

エコモット(3987)のIPO業績等

エコモット(3987)IPOの経営指標
エコモット(3987)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

エコモット(3987)IPOの売上高及び経常損益
エコモット(3987)IPO売上高及び経常損益
※上記画像はクリックで拡大します。

そもそも札幌証券取引所アンビシャス市場って現在は7社しか上場
してないんですよね^^;
今回のこのエコモット(3987)で8社目となります。

札幌証券取引所アンビシャス上場7銘柄
札幌証券取引所アンビシャス上場銘柄
※上記画像はクリックで拡大します。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.5.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.6.30

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.6.30

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ